Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

plot

パラメトリック モデルのプロット

説明

plot(model) は、現在の Figure の軸の範囲内にモデルをプロットします。

plot(model,Name=Value) は、前の構文にある引数に加えて、名前と値の引数を 1 つ以上使用してオプションを指定します。たとえば、plot(model,Parent=gca) は、プロットの色を赤に設定します。

H = plot(___) はモデルをプロットし、3 次元シェーディング表面プロット surf または塗りつぶされた多角形領域 patch へのハンドル H を返します。

すべて折りたたむ

点群を含む MAT ファイルをワークスペースに読み込みます。

load("object3d.mat");

点群を表示します。

figure
pcshow(ptCloud)
title("Detect a Cylinder in a Point Cloud")

円柱近似用に点から円柱までの最大距離を 5 mm に設定します。

maxDistance = 0.005;

関心領域 (ROI) を指定して、近似関数を制限します。

roi = [0.4 0.6; -inf 0.2; 0.1 inf];
sampleIndices = findPointsInROI(ptCloud,roi);

近似関数の方向の制約を設定します。

referenceVector = [0 0 1];

点群内の指定された ROI で円柱を検出し、抽出します。

model = pcfitcylinder(ptCloud,maxDistance,referenceVector, ...
        SampleIndices=sampleIndices);

検出された円柱のモデルをプロットします。

hold on
plot(model)

Figure contains an axes object. The axes object with title Detect a Cylinder in a Point Cloud contains 2 objects of type scatter, surface.

点群をワークスペースに読み込みます。

load("object3d.mat");

点群を表示し、Figure にラベルを付けます。

figure
pcshow(ptCloud)
title("Detect a sphere in a point cloud")

Figure contains an axes object. The axes object with title Detect a sphere in a point cloud contains an object of type scatter.

球近似用に点から球までの最大距離を 1 cm に設定します。

maxDistance = 0.01;

関心領域を設定して探索範囲を制限します。

roi = [-inf,0.5;0.2,0.4;0.1,inf];
sampleIndices = findPointsInROI(ptCloud,roi);

点群内で地球儀を検出して抽出します。

[model,inlierIndices] = pcfitsphere(ptCloud,maxDistance,SampleIndices=sampleIndices);
globe = select(ptCloud,inlierIndices);

抽出された地球儀をプロットします。

figure
pcshow(globe)
title("Globe Point Cloud")

Figure contains an axes object. The axes object with title Globe Point Cloud contains an object of type scatter.

点群を含む MAT ファイルを読み込みます。

load("object3d.mat");

点群をワークスペースに表示します。

figure
pcshow(ptCloud)
title("Detect a Plane in a Point Cloud")

平面近似用に点から平面までの最大距離を 2 cm に設定します。

maxDistance = 0.02;

近似平面の法線ベクトル平面を指定します。

referenceVector = [0 0 1];

近似平面の最大角距離を 5 度に設定します。

maxAngularDistance = 5;

点群内で平面 (テーブル) を検出し、抽出します。

model = pcfitplane(ptCloud,maxDistance,referenceVector,maxAngularDistance);

平面をプロットします。

hold on
plot(model)

Figure contains an axes object. The axes object with title Detect a Plane in a Point Cloud contains 2 objects of type scatter, patch.

入力引数

すべて折りたたむ

cylinderModelplaneModel、または sphereModel オブジェクトによって返されるパラメトリック モデル。

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に指定しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

例: plot(model,Parent=gca) は、出力軸を現在の Figure の現在の座標軸に設定します。

出力座標軸。可視化表示用に gca (現在の座標軸) または axes (カスタム セットの座標軸) として指定します。

平面の色。1 行 3 列の RGB ベクトル、または色の省略名や完全名として指定します。

色の名前省略名RGB 3 成分外観
"red""r"[1 0 0]

Sample of the color red

"green""g"[0 1 0]

Sample of the color green

"blue""b"[0 0 1]

Sample of the color blue

"cyan" "c"[0 1 1]

Sample of the color cyan

"magenta""m"[1 0 1]

Sample of the color magenta

"yellow""y"[1 1 0]

Sample of the color yellow

"black""k"[0 0 0]

Sample of the color black

"white""w"[1 1 1]

Sample of the color white

出力引数

すべて折りたたむ

プロットへのハンドル。3 次元シェーディング表面プロット surf、または塗りつぶされた多角形領域 patch として返されます。

バージョン履歴

R2015b で導入