Main Content

UAV 用の Unreal Engine シーンのカスタマイズ

UAV Toolbox は、付属のプリビルド シーンとともにインストールされます。このプリビルド シーンでは、Simulink® でモデル化された UAV アルゴリズムのパフォーマンスのシミュレーションと可視化を行います。これらのシーンは、Epic Games® の Unreal Engine® を使用して可視化されます。Unreal® Editor および UAV Toolbox Interface for Unreal Engine Projects を使用して、これらのシーンをカスタマイズできます。また、Unreal Editor およびサポート パッケージを使用して、独自のカスタム プロジェクトからシーン内でシミュレートすることもできます。

カスタム シーンを使用すると、Simulink と Unreal Editor の両方でコシミュレートし、シミュレーションの実行間にシーンを変更できます。シーンを実行可能ファイルにパッケージして、シーンでシミュレートするためにエディターを開かなくても済むようにすることもできます。

A Simulink model and an Unreal Editor window with a bidirectional arrow pointing between them.

UAV フライト アプリケーション用に Unreal Engine シーンをカスタマイズするには、次の手順に従います。

参考