Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

数値と精度

可変精度の演算および基本的な数論演算

Symbolic Math Toolbox™ では、vpa を使用して数値計算を可変精度で実行できます。詳細は、数値計算精度の引き上げを参照してください。シンボリック、可変精度または倍精度の演算を使用するタイミングを理解するには、数値演算またはシンボリック演算の選択を参照してください。Symbolic Math Toolbox には、丸め演算や複素数処理のための関数も用意されています。

関数

すべて展開する

digits使用する可変精度の変更
doubleシンボリック値を MATLAB の倍精度に変換
vpa可変精度の演算 (任意精度の演算)
vpaintegral可変精度を使用した数値積分
vpasolve方程式の数値的な求解
vpasum可変精度を使用した数値的な総和
imag複素数の虚数部
real複素数の実数部
dec2bin2 進数を表す文字ベクトルへの 10 進数への変換
dec2hex16 進数を表す文字ベクトルへの 10 進数の変換

トピック

数値演算またはシンボリック演算の選択

倍精度の演算、可変精度の演算、シンボリック演算の比較や対比を行う。

数値のシンボリックへの変換

浮動小数点数を厳密なシンボリック数に変換します。

数値計算精度の引き上げ

可変精度の演算を使用して精度を任意に引き上げます。

丸め誤差の認識と回避

シンボリックおよび可変精度の計算の丸め誤差

精度の引き下げによる速度の向上

計算精度を引き下げて計算速度を引き上げます。

注目の例