最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fmesh

3 次元メッシュをプロット

説明

fmesh(f) は、シンボリック式 f(x,y) のメッシュ プロットを xy の既定の区間 [-5 5] で作成します。

fmesh(f,[min max]) は、f(x,y)xy の区間 [min max] でプロットします。

fmesh(f,[xmin xmax ymin ymax]) は、f(x,y)x の区間 [xmin xmax]y の区間 [ymin ymax] でプロットします。関数 fmeshsymvar を使用して、変数を並べ替え、区間を割り当てます。

fmesh(funx,funy,funz) は、パラメトリック メッシュ x = x(u,v)y = y(u,v)z = z(u,v)uv の区間 [-5 5] でプロットします。

fmesh(funx,funy,funz,[uvmin uvmax]) は、パラメトリック メッシュ x = x(u,v)y = y(u,v)z = z(u,v)uv の区間 [uvmin uvmax] でプロットします。

fmesh(funx,funy,funz,[umin umax vmin vmax]) は、パラメトリック メッシュ x = x(u,v)y = y(u,v)z = z(u,v)u の区間 [umin umax]v の区間 [vmin vmax] でプロットします。関数 fmeshsymvar を使用して、パラメトリック変数を並べ替え、区間を割り当てます。

fmesh(___,LineSpec) は、LineSpec を使用してライン スタイル、マーカー記号、プロットの色を設定します。

fmesh(___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value 引数ペアを使用して、表面プロパティを指定します。このオプションは、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせで使用できます。

fmesh(ax,___) は、現在の axes オブジェクト gca ではなくオブジェクト ax をもつ座標軸にプロットします。

obj = fmesh(___) は、関数表面オブジェクトまたはパラメーター化された関数表面オブジェクトを返します。このオブジェクトを使用して、特定のメッシュのプロパティのクエリと変更を行います。

追加の例:fsurf のページを参照

メモ

fmeshfsurf は同じ構文を使用するため、その他の例については fsurf のページに従ってください。fsurf のページのすべての例は fmesh にあてはまります。

シンボリック式の 3 次元のメッシュ プロット

既定の区間 -5<x<5 および -5<y<5 に入力 sin(x)+cos(y) のメッシュをプロットします。

syms x y
fmesh(sin(x)+cos(y))

シンボリック関数の 3 次元のメッシュ プロット

既定の区間 -5<x<5 および -5<y<5tan-1(x+iy) の実数部の 3 次元メッシュをプロットします。

syms f(x,y)
f(x,y) = real(atan(x + i*y));
fmesh(f)

メッシュ プロットのプロット区間の指定

プロット区間を fmesh の 2 番目の引数に与えることで、sin(x)+cos(y) を区間 -π<x<π-5<y<5 にプロットします。

syms x y
f = sin(x) + cos(y);
fmesh(f, [-pi pi -5 5])

パラメーター化されたメッシュ プロット

次のパラメーター化されたメッシュのプロットを

x=rcos(s)sin(t)y=rsin(s)sin(t)z=rcos(t)wherer=8+sin(7s+5t)

0<s<2π0<t<π で行います。axis equal を使用して、座標軸の縦横比を同じにします。alpha を使用して、メッシュを部分的に透明にしてメッシュ全体を表示します。

syms s t
r = 8 + sin(7*s + 5*t);
x = r*cos(s)*sin(t);
y = r*sin(s)*sin(t);
z = r*cos(t);
fmesh(x, y, z, [0 2*pi 0 pi], 'Linewidth', 2)
axis equal

alpha(0.8)

追加の例:fsurf のページを参照

メモ

fmeshfsurf は同じ構文を使用するため、その他の例については fsurf のページに従ってください。fsurf のページのすべての例は fmesh にあてはまります。

入力引数

すべて折りたたむ

プロットする式または関数。シンボリック式またはシンボリック関数として指定します。

x 軸と y 軸のプロット区間。2 つの数値のベクトルとして指定します。既定値は [-5 5] です。

x 軸と y 軸のプロット区間。4 つの数値のベクトルとして指定します。既定値は [-5 5 -5 5] です。

uv のパラメトリック関数。シンボリック式またはシンボリック関数として指定します。

u 軸と v 軸のプロット区間。2 つの数値のベクトルとして指定します。既定値は [-5 5] です。

uv のプロット区間。4 つの数値のベクトルとして指定します。既定値は [-5 5 -5 5] です。

axes オブジェクト。axes オブジェクトを指定しない場合、fmesh は現在の座標軸を使用します。

ライン スタイル、マーカー記号、ラインの色。文字ベクトルとして指定します。文字ベクトルの要素は任意の順でかまいません。1 つ以上の文字ベクトル指定子オプションを省略することも可能です。

例: '--or' は丸いマーカーをもつ赤いメッシュ

指定子ライン スタイル
-実線 (既定の設定)
--破線
:点線
-.一点鎖線
指定子マーカー
o
+プラス記号
*アスタリスク
.
x十字
s正方形
d菱形
^上向き三角形
v下向き三角形
>右向き三角形
<左向き三角形
p星形五角形
h星形六角形
指定子

y

m

マゼンタ

c

シアン

r

g

b

w

k

名前と値のペアの引数

引数 Name,Value のオプションのコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例: 'Marker','o','MarkerFaceColor','red'

方向ごとの評価点の数。数値として指定します。既定値は 35 です。オブジェクト fmesh は適応評価を使用するため、評価点の数は実際の数の方が大きくなります。

例: 100

プロットの下に等高線図を表示します。'off' (既定) または 'on' を指定します。

ラインの色。'interp'、RGB 3 成分、16 進数のカラー コード、色の名前、または省略名として指定します。'interp' の既定の値では ZData のプロパティ値に基づいてエッジをカラーリングします。

カスタム色には、RGB 3 成分または 16 進数のカラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数のカラー コードは、ハッシュ記号 (#) の後に 3 つまたは 6 つの 0 から F までの範囲の 16 進数の桁を続けた文字ベクトルまたは string スカラーです。この値では大文字と小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、一般的な色を名前で指定できます。この表は、名前の付いた色のオプションと、等価な RGB 3 成分および 16 進数のカラー コードの一覧です。

色の名前省略名RGB 3 成分16 進数のカラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

'black''k'[0 0 0]'#000000'

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

'none'適用不可適用不可適用不可色なし

MATLAB® で多くの種類のプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数のカラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数のカラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

例: 'blue'

例: [0 0 1]

例: '#0000FF'

ライン スタイル。次の表のいずれかのオプションに指定します。

ライン スタイル説明結果として得られるライン
'-'実線

'--'破線

':'点線

'-.'一点鎖線

'none'ラインなしラインなし

ライン幅。ポイント単位の正の値として指定します。1 ポイント = 1/72 インチです。ラインがマーカーをもつ場合、ライン幅はマーカー エッジにも影響します。

マーカー記号。次の表のいずれかの値を指定します。既定では、ラインにマーカーはありません。マーカーを指定することで、ライン上の選択した点にマーカーが追加されます。

説明
'o'
'+'プラス記号
'*'アスタリスク
'.'
'x'十字
'square' または 's'正方形
'diamond' または 'd'菱形
'^'上向き三角形
'v'下向き三角形
'>'右向き三角形
'<'左向き三角形
'pentagram' または 'p'星形五角形
'hexagram' または 'h'星形六角形
'none'マーカーなし

マーカーの輪郭の色。'auto'、RGB 3 成分、16 進数のカラー コード、色の名前、または省略名として指定します。'auto' の既定値では EdgeColor プロパティと同じ色が使用されます。

カスタム色には、RGB 3 成分または 16 進数のカラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数のカラー コードは、ハッシュ記号 (#) の後に 3 つまたは 6 つの 0 から F までの範囲の 16 進数の桁を続けた文字ベクトルまたは string スカラーです。この値では大文字と小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、一般的な色を名前で指定できます。この表は、名前の付いた色のオプションと、等価な RGB 3 成分および 16 進数のカラー コードの一覧です。

色の名前省略名RGB 3 成分16 進数のカラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

'black''k'[0 0 0]'#000000'

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

'none'適用不可適用不可適用不可色なし

MATLAB で多くの種類のプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数のカラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数のカラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

例: [0.5 0.5 0.5]

例: 'blue'

例: '#D2F9A7'

マーカーの塗りつぶし色。'auto'、RGB 3 成分、16 進数のカラー コード、色の名前、または省略名として指定します。'auto' の値には MarkerEdgeColor プロパティと同じ色が使用されます。

カスタム色には、RGB 3 成分または 16 進数のカラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数のカラー コードは、ハッシュ記号 (#) の後に 3 つまたは 6 つの 0 から F までの範囲の 16 進数の桁を続けた文字ベクトルまたは string スカラーです。この値では大文字と小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、一般的な色を名前で指定できます。この表は、名前の付いた色のオプションと、等価な RGB 3 成分および 16 進数のカラー コードの一覧です。

色の名前省略名RGB 3 成分16 進数のカラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

'black''k'[0 0 0]'#000000'

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

'none'適用不可適用不可適用不可色なし

MATLAB で多くの種類のプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数のカラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数のカラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

例: [0.3 0.2 0.1]

例: 'green'

例: '#D2F9A7'

マーカー サイズ。ポイント単位の正の値として指定します。1 ポイント = 1/72 インチです。

出力引数

すべて折りたたむ

1 つ以上のオブジェクト。スカラーまたはベクトルとして返されます。このオブジェクトは、プロットのタイプによって、関数表面オブジェクトかパラメーター化されたメッシュ オブジェクトのいずれかになります。これらのオブジェクトを使用して、特定のラインのプロパティのクエリと変更を行います。詳細は FunctionSurface のプロパティ および ParameterizedFunctionSurface のプロパティ を参照してください。

アルゴリズム

fmeshf のシンボリック変数を x 軸に、次に y 軸に割り当て、symvar は割り当てられる変数の順番を決定します。そのため、変数名と軸名が対応しない場合があります。fmesh が x または y を対応する軸に割り当てるように強制するには、プロットするシンボリック関数を作成し、そのシンボリック関数を fmesh に渡します。

たとえば、次のコードは f(x,y) = sin(y) のメッシュを 2 つの方法でプロットします。1 つ目の方法では、y 軸に対して波形を振動させます。2 つ目の方法では、y を x 軸に割り当てます。これがシンボリック関数内で最初の (および唯一の) 変数であるためです。

syms x y;
f(x,y) = sin(y);

figure;
subplot(2,1,1)
fmesh(f);
subplot(2,1,2)
fmesh(f(x,y)); % Or fmesh(sin(y));

R2016a で導入