ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hygernd

超幾何分布する乱数

構文

R = hygernd(M,K,N)
R = hygernd(M,K,N,m,n,...)
R = hygernd(M,K,N,[m,n,...])

説明

R = hygernd(M,K,N) は、対応する母集団のサイズ M、母集団内で目的の特性をもつ項目の数 K、および抽出した標本の数 N を使用して、超幾何分布から乱数を生成します。MK および N には、すべて同じサイズのベクトル、行列または多次元配列を指定できます。R は、このサイズと同じサイズになります。MK、または N のスカラー入力は、他の入力と同じ次元をもつ定数配列に展開されます。

R = hygernd(M,K,N,m,n,...) または R = hygernd(M,K,N,[m,n,...]) は、m x n x ... の配列を生成します。MKN パラメーターにはそれぞれ R と同じサイズのスカラーまたは配列を使用できます。

numbers = hygernd(1000,40,50)
numbers =
   1

拡張機能

R2006a より前に導入