ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hygeinv

超幾何累積分布逆関数

構文

hygeinv(P,M,K,N)

説明

hygeinv(P,M,K,N) は、X で評価された超幾何累積分布関数が P 以上になる最小の整数 X を返します。P は、K 個の欠陥個体を含む M 個の個体のグループから非復元抽出法により N 回取り出した場合に X 個の欠陥個体を観測する確率と考えることができます。

あなたは、フロッピー ディスク製造会社の品質保証部長であるとします。製造ラインでは 1,000 個のバッチでフロッピー ディスクを製造し、欠陥を調べるための標本として各バッチから 50 個のディスクを取り出します。バッチ内の欠陥ディスクが 10 個以下でバッチの 99% が合格することが目標です。50 個の標本で許容できる欠陥ディスクの最大数はいくつですか。

x = hygeinv(0.99,1000,10,50)
x =
   3

欠陥ディスクが 10 個あるバッチから 50 個のディスクを標本として取り出した場合、欠陥のあるフロッピー ディスクの平均個数はいくつですか。

x = hygeinv(0.50,1000,10,50)
x =
   0

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入