ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hygestat

超幾何平均と分散

構文

[MN,V] = hygestat(M,K,N)

説明

[MN,V] = hygestat(M,K,N) は、該当する母集団のサイズ M、母集団内で対象となる特徴をもつ個体の数 K、取り出す標本数 N を使用して、超幾何分布の平均および分散を返します。MK、および N のベクトル入力または行列入力のサイズは等しく、MN および V と同じサイズでなければなりません。MK、または N のスカラー入力は、他の入力と同じ次元をもつ定数行列に展開されます。

パラメーター MK、および N の超幾何分布の平均は NK/M、分散は NK(M-K)(M-N)/[M^2(M-1)] です。

超幾何分散は、M が無限大に近づくと、二項分布 (ここでは p = K/M) に近づきます。

[m,v] = hygestat(10.^(1:4),10.^(0:3),9)
m =
  0.9000  0.9000  0.9000  0.9000
v =
  0.0900  0.7445  0.8035  0.8094

[m,v] = binostat(9,0.1)
m =
  0.9000
v =
  0.8100

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入