Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

回帰学習器アプリのプロットのエクスポート

回帰学習器アプリで対話的にプロットを作成した後で、アプリのプロットを MATLAB® Figure にエクスポートできます。その後、新しい Figure のコピー、保存、カスタマイズを行うことができます。使用可能なプロットである応答プロット予測と実際のプロット残差プロット、および最小 MSE のプロットから選択します。

  • プロットをエクスポートする前に、アプリのプロットに表示されているデータが新しい Figure で使用するデータと同じであるかどうかを確認してください。

  • [回帰学習器] タブの [エクスポート] セクションで [プロットを Figure にエクスポート] をクリックします。選択したプロットから Figure が作成されます。

    • 新しい Figure の対話オプションは、回帰学習器アプリのプロットと同じではない場合があります。

    • また、Figure には、アプリのプロットと異なる座標軸ツール バーが含まれている可能性があります。回帰学習器のプロットの場合、座標軸ツール バーはプロットの右上に表示されます。ツール バーで利用できるこのボタンはプロットのコンテンツによって異なります。ツール バーには、プロットのイメージとしてのエクスポート、データ ヒントの追加、データの移動またはズーム、表示の復元を行うボタンが含まれている可能性があります。

  • Figure ウィンドウに表示されている新しい Figure をコピー、保存またはカスタマイズします。

    • Figure をコピーするには、[編集][Figure のコピー] を選択します。詳細は、[編集] メニューからのクリップボードへの Figure のコピーを参照してください。

    • Figure を保存するには、[ファイル][名前を付けて保存] を選択します。または、Figure を保存する前のカスタマイズで説明されているワークフローに従うこともできます。

    • Figure をカスタマイズするには、Figure ツール バーの [プロット編集] ボタン をクリックします。編集するプロットのセクションを右クリックします。[色][フォント][ライン スタイル] などのリストされているプロパティを変更できます。または、プロパティ インスペクターを使用して Figure のプロパティを変更できます。

例として、アプリの応答プロットを Figure にエクスポートし、Figure をカスタマイズし、変更した Figure を保存します。

  1. MATLAB のコマンド ウィンドウで carbig データセットを読み込みます。

    load carbig
    cartable = table(Acceleration,Cylinders,Displacement, ...
        Horsepower,Model_Year,Weight,Origin,MPG);
  2. [アプリ] タブをクリックします。

  3. [アプリ] セクションで矢印をクリックしてギャラリーを開きます。[機械学習および深層学習][回帰学習器] をクリックします。

  4. [回帰学習器] タブの [ファイル] セクションで、 をクリックします。

  5. [ワークスペースからの新規セッション] ダイアログ ボックスで、[ワークスペース変数] のリストから table cartable を選択します。

  6. [セッションの開始] をクリックします。既定で、データの応答プロットが作成されます。

  7. 応答プロットの x 軸のデータを [Weight] に変更します。

  8. [回帰学習器] タブの [エクスポート] セクションで [プロットを Figure にエクスポート] をクリックします。

  9. 新しい Figure で、Figure ツール バーの [プロット編集] ボタン をクリックします。プロット内の点を右クリックします。コンテキスト メニューで [マーカー][正方形] を選択します。

  10. Figure を保存するには、[ファイル][名前を付けて保存] を選択します。保存するファイルの場所、名前およびタイプを指定します。

関連するトピック