ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

chi2stat

カイ二乗の平均値と分散

構文

[M,V] = chi2stat(NU)

説明

[M,V] = chi2stat(NU) は、NU で指定された自由度パラメーターによるカイ二乗分布の平均と分散を返します。NU はベクトル、行列または多次元配列が可能です。NU 内の自由度パラメーターは正でなければなりません。

カイ二乗分布の平均値は自由度パラメーターの値 v になり、分散は 2v になります。

nu = 1:10;
nu = nu'*nu;
[m,v] = chi2stat(nu)
m =
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10
 2   4   6   8  10  12  14  16  18  20
 3   6   9  12  15  18  21  24  27  30
 4   8  12  16  20  24  28  32  36  40
 5  10  15  20  25  30  35  40  45  50
 6  12  18  24  30  36  42  48  54  60
 7  14  21  28  35  42  49  56  63  70
 8  16  24  32  40  48  56  64  72  80
 9  18  27  36  45  54  63  72  81  90
10  20  30  40  50  60  70  80  90 100

v =
 2   4   6   8  10  12  14  16  18  20
 4   8  12  16  20  24  28  32  36  40
 6  12  18  24  30  36  42  48  54  60
 8  16  24  32  40  48  56  64  72  80
10  20  30  40  50  60  70  80  90 100
12  24  36  48  60  72  84  96 108 120
14  28  42  56  70  84  98 112 126 140
16  32  48  64  80  96 112 128 144 160
18  36  54  72  90 108 126 144 162 180
20  40  60  80 100 120 140 160 180 200

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入