Main Content

sfclipboard

クリップボード オブジェクト

説明

clipboard = sfclipboard は、Stateflow.Clipboard オブジェクトを返します。Clipboard オブジェクトを使用して、同じチャート内、同じ Simulink® モデル内のチャート間、または異なるモデル内のチャート間で、オブジェクトをコピーし、貼り付けます。

すべて折りたたむ

ステート A をグループ化し、その内容をチャート ch にコピーします。ステート、ボックス、またはグラフィカル関数をグループ化すると、グループ化したそのオブジェクトに含まれるすべてのオブジェクトと、これらのオブジェクト間のすべての関係をコピーして貼り付けることができます。これは、プログラムによってオブジェクトのコピーと貼り付けを行う最も簡単な方法です。ステートがグループ化されていない場合、ステートをコピーしてもその内容はコピーされません。

Stateflow chart with a hierarchy of states. The outer state is called A. It contains two inner states called A1 and A2.

  1. チャート ch 内の A という名前の Stateflow.State オブジェクトを見つけます。

    sA = find(ch,"-isa","Stateflow.State",Name="A");
  2. sAIsGrouped プロパティを true に設定し、ステート A とその内容をグループ化します。後で戻せるように、このプロパティの前の設定を保存します。

    prevGrouping = sA.IsGrouped;
    sA.IsGrouped = true;
  3. ステートの名前を Copy_of_A に変更します。後で戻せるように、前の名前を保存します。

    prevName = sA.Name;
    newName = "Copy_of_"+prevName;
    sA.Name = newName;
  4. クリップボード オブジェクトにアクセスします。

    cb = sfclipboard;
  5. グループ化されたステートをクリップボードにコピーします。

    copy(cb,sA);
  6. ステートのプロパティを元の設定に戻します。

    sA.IsGrouped = prevGrouping;
    sA.Name = prevName;
  7. クリップボードから、オブジェクトのコピーをチャートに貼り付けます。

    pasteTo(cb,ch);
  8. 新しいステートのプロパティを調整します。

    sNew = find(ch,"-isa","Stateflow.State",Name=newName);
    sNew.Position = sA.Position + [400 0 0 0];
    sNew.IsGrouped = prevGrouping;

    Chart showing result of pasting a copy of state A and its contents.

ステート A1 とステート A2 を、それらの間の遷移とともにチャート ch の新しいステートにコピーします。オブジェクト間の遷移接続および含有関係を保持するには、接続されているすべてのオブジェクトを一度にコピーします。

Stateflow chart with a hierarchy of states. The outer state is called A. It contains two inner states called A1 and A2.

  1. チャート ch 内の A という名前の Stateflow.State オブジェクトを見つけます。

    sA = find(ch,"-isa","Stateflow.State",Name="A");
  2. B という新しいステートを追加します。B 内で他のオブジェクトを貼り付けられるようにするために、この新しいステートをサブチャートに変換します。

    sB = Stateflow.State(ch);
    sB.Name = "B";
    sB.Position = sA.Position + [400 0 0 0];
    sB.IsSubchart = true;
  3. ステート A 内のステートと遷移を含む objArray という配列を作成します。関数 setdiff を使用して、コピーするオブジェクトの配列からステート A を削除します。

    objArrayS = find(sA,"-isa","Stateflow.State");
    objArrayS = setdiff(objArrayS,sA);
    objArrayT = find(sA,"-isa","Stateflow.Transition");
    objArray = [objArrayS objArrayT];
  4. クリップボード オブジェクトにアクセスします。

    cb = sfclipboard;
  5. objArray のオブジェクトをコピーし、サブチャート B に貼り付けます。

    copy(cb,objArray);
    pasteTo(cb,sB);
  6. B をステートに戻します。

    sB.IsSubchart = false;
    sB.IsGrouped = false;
  7. B のステートと遷移を再配置します。

    newStates = find(sB,"-isa","Stateflow.State");
    newStates = setdiff(newStates,sB);
    newTransitions = find(sB,"-isa","Stateflow.Transition");
    newOClocks = get(newTransitions,{"SourceOClock","DestinationOClock"});
    for i = 1:numel(newStates)
    newStates(i).Position = newStates(i).Position + [25 35 0 0];
    end
    set(newTransitions,{"SourceOClock","DestinationOClock"},newOClocks);

    Chart showing result of copying contents of state A and pasting them into state B.

バージョン履歴

R2006a より前に導入

参考

関数

オブジェクト