Main Content

Prismatic Joint

1 本の軸を中心とする相対運動が可能なジョイント

  • ライブラリ:
  • Simscape / Multibody / Joints

  • Prismatic Joint block

説明

Prismatic Joint ブロックは、2 つの座標系間の相対運動を並進自由度 1 に制限する接続をモデル化します。この種の運動は油圧または空気圧シリンダーで一般的です。

Degrees of Freedom for Prismatic Joint

Prismatic Joint ブロックは直進プリミティブを 1 つだけもちます。これは base 座標系の z 軸に沿っています。シミュレーション中、次の図に示すように base 座標系と follower 座標系の z 軸が揃い、follower 座標系が base 座標系を基準に z 軸に沿って移動します。

Prismatic Primitive of a Prismatic Joint

その間、follower 座標系の x 軸と y 軸は、それぞれ base 座標系の x 軸と y 軸と並行に保たれます。

ジョイント プリミティブの初期状態をターゲットにするには、[State Targets] の下にあるパラメーターを使用します。位置ターゲットと速度ターゲットは base 座標系で解決されます。ターゲットの優先順位レベルも設定できます。すべての状態ターゲットを満たすことができない場合、優先順位レベルに基づいて、どのターゲットを先に満たすか、およびそれらをどの程度正確に満たすかが決まります。詳細は、アセンブリのガイドを参照してください。

ジョイント プリミティブにおける減衰とバネの動作をモデル化するには、[Internal Mechanics] の下にあるパラメーターを使用します。エネルギーの散逸をモデル化するには [Damping Coefficient] パラメーターを指定し、エネルギーの蓄積をモデル化するには [Spring Stiffness] パラメーターを指定します。バネは、ジョイント プリミティブを平衡位置から変位させようとする動きに抵抗します。ジョイント ダンパーはエネルギーの散逸要素として機能します。バネとダンパーは厳密に線形です。

ジョイント プリミティブの範囲を指定するには、[Limits] の下にあるパラメーターを使用します。下限と上限でジョイント プリミティブの自由領域の幅を定義します。このブロックは、ジョイントの位置がこの範囲を超えると、ジョイントの位置をこの自由領域に戻すよう加速する力を適用します。このブロックは、平滑化されたバネ-ダンパー手法を使用してその力を計算します。平滑化されたバネ-ダンパー手法の詳細については、Spatial Contact Force ブロックのDescriptionセクションを参照してください。

シミュレーション中のプリミティブの運動は、[Actuation] セクションの [Force] パラメーターと [Motion] パラメーターによって制御されます。さらに、このブロックには位置、速度、加速度、力、トルクなどの検出データを出力する端子があり、これを使用してモデルに対する解析タスクを実行できます。詳細については、検出力とトルクの検出を参照してください。

端子

座標系

すべて展開する

ジョイント ブロックの base 座標系。

ジョイント ブロックの follower 座標系。

入力

すべて展開する

ジョイント プリミティブに対する作動力を受け入れる物理量信号入力端子。この信号はジョイント プリミティブの base 座標系と follower 座標系の両方に適用される力の値を提供します。

依存関係

この端子を有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Actuation] で、[Force]Provided by Input に設定します。

ジョイント プリミティブに対する運動プロファイルを受け入れる物理量信号入力端子。信号により、ジョイント プリミティブの軸に沿った、base 座標系を基準とする follower 座標系の変位が与えられます。この信号には変位の 1 階微分および 2 階微分も含まれていなければならないことに注意してください。

依存関係

この端子を有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Actuation][Motion]Provided by Input に設定します。

ジョイント モードを制御する入力端子。信号は単位なしのスカラーです。ジョイント モードは、入力信号が 0 の場合はノーマル、入力信号が -1 の場合は解放になります。ジョイント モードはシミュレーション中に何度でも変更できます。

依存関係

この端子を有効にするには、[Mode Configuration][Mode]Provided by Input に設定します。

出力

すべて展開する

プリミティブの位置を出力する物理量信号端子。値は、base 座標系に対する follower 座標系の変位です。

依存関係

この端子を有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Sensing] で、[Position] を選択します。

プリミティブの速度を出力する物理量信号端子。

依存関係

この端子を有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Sensing] で、[Velocity] を選択します。

プリミティブの加速度を出力する物理量信号端子。

依存関係

この端子を有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Sensing] で、[Acceleration] を選択します。

ジョイント プリミティブに作用するアクチュエータの力を出力する物理量信号端子。

依存関係

この端子を有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Sensing] で、[Actuator Force] を選択します。

下限の力を出力する物理量信号端子。ジョイント プリミティブの位置が自由領域の下限を下回ると、ブロックはこの力を適用します。この力はジョイント プリミティブの base 座標系と follower 座標系の両方に適用され、位置を加速させて自由領域に戻します。

依存関係

この端子を有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Sensing] で、[Lower-Limit Force] を選択します。

上限の力を出力する物理量信号端子。ジョイント プリミティブの位置が自由領域の上限を上回ると、ブロックはこの力を適用します。この力はジョイント プリミティブの base 座標系と follower 座標系の両方に適用され、位置を加速させて自由領域に戻します。

依存関係

この端子を有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Sensing] で、[Upper-Limit Force] を選択します。

ジョイントに作用する拘束力を出力する物理量信号端子。この力はジョイントの並進拘束を維持します。詳細は、拘束力の検出を参照してください。

依存関係

この端子を有効にするには、[Composite Force/Torque Sensing][Constraint Force] を選択します。

ジョイントに作用する拘束トルクを出力する物理量信号端子。このトルクはジョイントの回転拘束を維持します。詳細は、力とトルクの検出を参照してください。

依存関係

この端子を有効にするには、[Composite Force/Torque Sensing][Constraint Torque] を選択します。

ジョイントに作用する合計力を出力する物理量信号端子。合計力は、一方の座標系からジョイントを通じて他方の座標系に伝達される力の和です。この力には、作動力、内力、制限力、拘束力が含まれます。詳細は、力とトルクの検出を参照してください。

依存関係

この端子を有効にするには、[Composite Force/Torque Sensing][Total Force] を選択します。

ジョイントに作用する合計トルクを出力する物理量信号端子。合計トルクは、一方の座標系からジョイントを通じて他方の座標系に伝達されるトルクの和です。このトルクには、作動トルク、内部トルク、制限トルク、拘束トルクが含まれます。詳細は、力とトルクの検出を参照してください。

依存関係

この端子を有効にするには、[Composite Force/Torque Sensing][Total Torque] を選択します。

パラメーター

すべて展開する

Z Prismatic Primitive (Pz)

ジョイント プリミティブの位置ターゲットを指定するパラメーターを有効にするには、このパラメーターを選択します。

位置ターゲットの優先順位レベル。[High (desired)] または [Low (approximate)] として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][State Targets] で、[Specify Position Target] を選択します。

ジョイント プリミティブの位置ターゲット。長さの単位のスカラーとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][State Targets] で、[Specify Position Target] を選択します。

ジョイント プリミティブの速度ターゲットを指定するパラメーターを有効にするには、このパラメーターを選択します。

速度ターゲットの優先順位レベル。[High (desired)] または [Low (approximate)] として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][State Targets] で、[Specify Velocity Target] を選択します。

ジョイント プリミティブの速度ターゲット。線形速度の単位のスカラーとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][State Targets] で、[Specify Velocity Target] を選択します。

バネの力が 0 になる場所。長さの単位のスカラーとして指定します。この値はプリミティブの位置を指定します。

ジョイント プリミティブの内部バネ-ダンパー力の法則の剛性。線形剛性の単位のスカラーとして指定します。

ジョイント プリミティブの内部バネ-ダンパー力の法則の減衰係数。線形減衰係数の単位のスカラーとして指定します。

ジョイント プリミティブの下限を指定するパラメーターを有効にするには、このパラメーターを選択します。

ジョイント プリミティブの自由領域の下限。長さの単位のスカラーとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Limits] で、[Specify Lower Limit] を選択します。

下限でのバネの剛性。線形剛性の単位のスカラーとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Limits] で、[Specify Lower Limit] を選択します。

下限での減衰係数。線形減衰係数の単位のスカラーとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Limits] で、[Specify Lower Limit] を選択します。

バネとダンパーの力を平滑化する領域。長さの単位のスカラーとして指定します。

このブロックは、侵入が遷移領域の幅に達したとき、この力の全量を適用します。領域が小さいほど、力の発生がシャープになり、ソルバーの必要なタイム ステップが小さくなります。シミュレーション精度とシミュレーション速度の間にはトレードオフがあり、遷移領域を小さくすると精度が向上し、大きくすると速度が向上します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Limits] で、[Specify Lower Limit] を選択します。

ジョイント プリミティブの上限を指定するパラメーターを有効にするには、このパラメーターを選択します。

ジョイント プリミティブの自由領域の上限。長さの単位のスカラーとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Limits] で、[Specify Upper Limit] を選択します。

上限でのバネの剛性。剛性の単位のスカラーとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Limits] で、[Specify Upper Limit] を選択します。

上限での減衰係数。線形減衰係数の単位のスカラーとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Limits] で、[Specify Upper Limit] を選択します。

バネとダンパーの力を平滑化する領域。長さの単位のスカラーとして指定します。

このブロックは、侵入が遷移領域の幅に達したとき、この力の全量を適用します。領域が小さいほど、力の発生がシャープになり、ソルバーの必要なタイム ステップが小さくなります。シミュレーション精度とシミュレーション速度の間にはトレードオフがあり、遷移領域を小さくすると精度が向上し、大きくすると速度が向上します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Z Prismatic Primitive (Pz)][Limits] で、[Specify Upper Limit] を選択します。

ジョイント プリミティブに作動力を提供するオプション。テーブル内の値として指定します。

作動力の設定説明
None作動力なし。
Provided by Input入力端子 [f] は、ジョイント プリミティブの作動力を指定します。
Automatically computedこのブロックは、機構への運動入力を満たすのに必要な力の大きさを自動的に計算します。このパラメーターを [Automatically computed] に設定しても、同じジョイント プリミティブの [Motion] パラメーターに [Provided by Input] を使用しなければならないわけではないことに注意してください。自動的に計算された力は、機構の別の場所の運動入力を満たすために使用することもできます。

ジョイント プリミティブに作動運動を提供するオプション。テーブル内の値として指定します。

作動運動の設定説明
Automatically computedこのブロックは、モデルのダイナミクスに基づいてジョイント プリミティブの運動を計算し、適用します。
Provided by Input入力端子 [p] は、ジョイント プリミティブの作動運動を指定します。

出力端子 [p] を有効にするには、このパラメーターを選択します。

端子 [v] を有効にするには、このパラメーターを選択します。

端子 [a] を有効にするには、このパラメーターを選択します。

端子 [f] を有効にするには、このパラメーターを選択します。

端子 [fll] を有効にするには、このパラメーターを選択します。

端子 [ful] を有効にするには、このパラメーターを選択します。

Mode Configuration

シミュレーションのジョイント モード。テーブル内の値として指定します。

方法説明
Normalシミュレーション全体を通じてジョイントが通常の動作になります。
Disengagedシミュレーション全体を通じてジョイントが解放されます。
Provided by Input端子の [mode] によって、ジョイントが通常の動作をするか解放されるかが指定されます。

Composite Force/Torque Sensing

測定の方向。[Follower on Base] または [Base on Follower] として指定されます。

  • Follower on Base - follower 座標系が base 座標系に及ぼす力およびトルクを検出します。

  • Base on Follower - base 座標系が follower 座標系に及ぼす力およびトルクを検出します。

この方向を反転すると、測定の符号が変わります。詳細は、力とトルクの測定の方向を参照してください。

測定値の解決に使用される座標系。以下で指定します。

  • Base - ジョイント ブロックは base 座標系の座標で測定値を解決します。

  • Follower - ジョイント ブロックは follower 座標系の座標で測定値を解決します。

端子 [fc] を有効にするには、このパラメーターを選択します。

端子 [tc] を有効にするには、このパラメーターを選択します。

端子 [ft] を有効にするには、このパラメーターを選択します。

端子 [tt] を有効にするには、このパラメーターを選択します。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2012a で導入