Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Requirements Table ブロックのプロパティの指定

プロパティ インスペクター、[テーブル プロパティ] ウィンドウ、またはモデル エクスプローラーでブロック プロパティを設定し、Requirements Table ブロックが Simulink® モデルと連動する方法を指定できます。

プロパティ インスペクターを使用するには、[モデル化] タブをクリックし、[設計] セクションで [プロパティ インスペクター] を選択します。Requirements Table ブロックをクリックして、Requirements Table ブロックのプロパティを表示します。

[テーブル プロパティ] ウィンドウを使用するには、ブロックを開きます。[シミュレーション] タブの [準備] セクションで [テーブル プロパティ] をクリックします。

モデル エクスプローラーを使用するには、[モデル化] タブをクリックし、[設計] セクションで [モデル エクスプローラー] を選択します。[モデルの階層構造] ペインでモデルのツリー ビューを展開して Requirements Table ブロックを選択し、[要件テーブル] ペインでプロパティを編集します。

Requirements Table ブロックのプロパティ

プロパティ インスペクターの [プロパティ] タブ、またはモデル エクスプローラーか [テーブル プロパティ] ウィンドウの [一般] タブで、次のプロパティを調整できます。

更新方法

Requirements Table ブロックのアクティブ化に使用する方法を指定します。

更新方法説明

継承

(既定)

Simulink モデルからの入力により Requirements Table ブロックがアクティブになります。

入力データを定義すると、Requirements Table ブロックは最も速い入力データのレートでサンプリングします。入力データを定義しないでおくと、Requirements Table ブロックは親サブシステムの実行動作で定義されたレートでサンプリングします。

離散Requirements Table ブロックの [サンプル時間] プロパティで指定するレートを使用して Requirements Table ブロックをサンプリングします。Requirements Table ブロックは指定されたレートに対応する一定の時間間隔で暗黙的イベントを生成します。モデルの他のブロックは、異なるサンプル時間をもつ可能性があることに注意してください。

可変サイズの配列をサポート

シミュレーション中に次元が変化する入力と出力のデータを Requirements Table ブロックでサポートするように指定します。可変サイズ出力の宣言 (Simulink)を参照してください。

整数オーバーフローで飽和

生成コードで整数オーバーフローが飽和するように指定します。飽和とラップ (Fixed-Point Designer)を参照してください。

前提条件で出力を有効にする

[スコープ][出力] に設定されたデータを前提条件で使用できるようにします。このプロパティを無効にすると、出力データを使用している前提条件のセルが強調表示され、警告アイコン が表示されます。これは、データが getPrevious の入力引数である場合には該当しません。ただし、getPrevious でタイム ステップにおけるデータの値を返すときに、そのデータがまだ定義されていないと getPrevious から未定義の動作が返されます。

前提条件で出力データを使用すると、シミュレーション時に要件で書き込み前の読み取りの問題が発生することがあります。それらの問題を解決するには、要件を順番に指定します。詳細については、Requirements Table ブロックのトラブルシューティングおよび形式的要件の評価順序の活用を参照してください。

固定小数点プロパティ

プロパティ インスペクターの [プロパティ] タブか、モデル エクスプローラーまたは [テーブル プロパティ] ウィンドウで [固定小数点プロパティ] タブを開いて、次のプロパティを調整できます。

要件テーブル fimath

Requirements Table ブロックに fimath プロパティを指定します。[要件テーブル fimath] テキスト ボックスで定義した fimath は、Requirements Table ブロックの内容に対する globalfimath (Fixed-Point Designer) として動作します。ブロックは [要件テーブル fimath] テキスト ボックスの fimath プロパティを、fi オブジェクトとして取り扱うように選択した Requirements Table ブロックに対するすべての固定小数点と整数の入力信号に関連付けます。Requirements Table ブロックで fi オブジェクトを作成するときは、次の点に注意してください。

  • fi オブジェクトの作成時に fimath がオブジェクトに関連付けられない場合、[要件テーブル fimath] テキスト ボックスのプロパティに関係なく、fi コンストラクターは既定の fimath 設定を使用します。ただし、fi オブジェクトの作成後にオブジェクトで追加操作を実行する場合、オブジェクトは [要件テーブル fimath] テキスト ボックスのプロパティを採用します。

  • fi コンストラクターで fimath を指定する場合、fi コンストラクターで値を量子化するときにその fimath は維持されます。fi コンストラクターで指定されない fimath 設定では、[要件テーブル fimath] テキスト ボックスで指定されたプロパティが使用されます。

次のオプションのいずれかを選択できます。

設定説明
MATLAB と同じ

ブロックは現在の既定の fimath と同じ fimath プロパティを使用します。テキスト ボックスがグレー表示され、現在のグローバル fimath が読み取り専用で表示されます。

それ以外を指定

テキスト ボックス内で独自の fimath オブジェクトを指定できます。これは次のいずれかで可能です。

  • fimath オブジェクトをテキスト ボックス内で作成する。

  • fimath オブジェクトを MATLAB® またはモデル ワークスペース内で作成して、その変数名をテキスト ボックスに入力する。このオプションを使用し、モデルを他のユーザーと共有する場合は、変数をモデル ワークスペースで定義します。fimath オブジェクトの詳細については、fimath オブジェクトの作成 (Fixed-Point Designer)を参照してください。

説明とドキュメント リンクのプロパティ

Requirements Table ブロックの説明とドキュメント リンクのプロパティは、プロパティ インスペクターの [情報] タブ、またはモデル エクスプローラーか [テーブル プロパティ] ウィンドウの [ドキュメンテーション] タブで設定できます。

説明

Requirements Table ブロックの説明を指定します。簡単な説明とコメントを入力できます。

参考

関連するトピック