Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

解析結果のレビュー

アクティブな結果の表示

解析が完了すると [Simulink® Design Verifier™ の検証結果の概要] ウィンドウが開き、結果のさまざまな使用方法が表示されます。結果の調査を参照してください。

モデル内の解析エラーの原因を修正するために結果の概要ウィンドウを閉じた場合、解析結果の再レビューが必要になる場合があります。解析を実行した後に 1 度もモデルを閉じていなければ、モデルの最新の解析結果を再度開くことができます。

[Design Verifier] タブで [結果の概要] をクリックして、[検証結果の概要] ウィンドウを表示します。結果の概要ウィンドウが再度開き、モデルの最新の解析結果が表示されます。

以前の結果の読み込み

モデルの以前の解析結果をレビューする場合、解析データ ファイルから以前の結果を読み込むことができます。[Design Verifier] タブで [以前の結果の読み込み] をクリックし、確認する解析に対応するデータ ファイルを開きます。[結果の概要] をクリックします。

解析データ ファイルに関する詳細は、Simulink Design Verifier データ ファイルを参照してください。

あるモデルの解析結果をそのモデルの以前のバージョンに対して生成されたデータ ファイルから読み込んだ場合、予期せぬ作用が発生する可能性があります。モデルと解析結果データが矛盾しないようにするには、モデルの結果を読み込むときに、そのモデルと同じバージョンに対する結果を含むデータ ファイルを選択します。

結果の調査

[結果の概要] ウィンドウにアクティブな解析結果または以前の解析結果を読み込むと、次のようなタスクを実行できます。

タスク参照先

モデルにおける、解析結果の強調表示。

モデルにおける結果の強調表示

詳細な解析レポートの生成。

Simulink Design Verifier レポート

ハーネス モデルの作成。または既に存在する場合はモデルの開始。

次のような場合、ハーネス モデルを作成することはできません。

  • 反証された設計エラーのオブジェクティブがない

  • テスト ケースが生成されなかった

  • 反例が作成されなかった

Simulink Design Verifier ハーネス モデル

データ ファイルの表示。

Simulink Design Verifier データ ファイル

ログ ファイルの表示。

Simulink Design Verifier ログ ファイル

関連するトピック