Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カバレッジ レポートの種類

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ][結果] ペインから、解析後にカバレッジ レポートを自動的に生成するよう選択する場合や、結果エクスプローラーからレポートを生成する場合、Simulink® Coverage™ ソフトウェアは、シミュレーション後に 1 つ以上のモデル カバレッジ レポートを作成します。

レポートの種類説明HTML レポート ファイル名
最上位モデル カバレッジ レポートすべてのモデル要素 (モデル自体も含む) のカバレッジ情報が表示されます。model_name_cov.html
モデル概要レポートモデルの階層構造内の参照モデルと外部 MATLAB® ファイルのカバレッジ結果へのリンクが表示されます。最上位モデルに Model ブロックがある場合や、最上位モデルが 1 つ以上の外部ファイルを呼び出す場合に作成されます。model_name
_summary_cov.html
モデル参照カバレッジ レポートモデルの階層構造内の参照モデルごとに作成されます。形式はモデル カバレッジ レポートと同じです。reference_model_name
_cov.html
外部 MATLAB ファイル カバレッジ レポートモデルが呼び出すすべての外部 MATLAB ファイルに関する詳細なカバレッジ情報が表示されます。モデルが呼び出す外部ファイルごとに 1 つのレポートが生成されます。 MATLAB_file_name
_cov.html
サブシステム カバレッジ レポートサブシステムが選択されている場合、そのサブシステムのカバレッジ結果のみがモデル カバレッジ レポートに表示されます。model_name_cov.html (model_name は最上位モデルの名前)
コード カバレッジ レポートS-Function ブロック内の C/C++ コード、または SIL モードのモデルのカバレッジ情報を提供します。model_name_block_name
_instance_n_cov.html
または model_name_cov.html

モデル概要レポート

最上位モデルに Model ブロックがあるか、最上位モデルが外部ファイルを呼び出す場合、model_name_summary_cov.html という名前のモデル概要カバレッジ レポートが作成されます。このレポートのタイトルは「モデル別のカバレッジ」です。

概要レポートには、Model ブロックの参照モデルとモデルの MATLAB コードで呼び出される外部ファイルのカバレッジ レポートへのリンクが表示されます。詳細については、外部 MATLAB ファイル カバレッジ レポートを参照してください。

次の図は、モデル概要レポートの例です。このレポートには、モデル カバレッジ レポート (mExternalMfile)、Model ブロックのレポート (mExternalMfileRef)、モデルから呼び出す 3 つの外部ファイル (externalmfileexternalmfile1externalmfile2) へのリンクがあります。

モデル参照カバレッジ レポート

最上位モデルが Model ブロックのモデルを参照している場合、reference_model_name_cov.html という別のレポートが作成されます。このレポートには参照モデルのカバレッジが表示されます。このレポートの形式は最上位モデル カバレッジ レポートと同じです。カバレッジ結果では、参照モデルがスタンドアロン モデルと同様に記録されます。モデルが Model ブロックで参照されていることは明示されません。

外部 MATLAB ファイル カバレッジ レポート

最上位モデルが外部 MATLAB ファイルを呼び出す場合は、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで [MATLAB ファイル] を選択します。モデルから呼び出されるファイルごとに、MATLAB_file_name_cov.html というレポートが作成されます。モデルから特定のファイルに対する呼び出しが複数存在する場合、そのファイルに対するレポートは 1 つだけ作成されますが、そのファイルのすべての呼び出しによるカバレッジは累積されます。外部 MATLAB ファイル カバレッジ レポートには、モデルのどの部分で外部ファイルが呼び出されているかは明示されません。

外部 MATLAB ファイル カバレッジ レポートの最初の節には、モデル カバレッジ レポートと同様に、外部ファイルの概要情報が表示されます。

"詳細" 節には、外部ファイルと、そのファイルにある関数のカバレッジが表示されます。

"詳細" 節にはファイルの内容も表示され、判定点または関数の定義があるコード行が強調表示されます。

強調表示されたコード行のカバレッジ結果がその後に表示されます。次の図は、上記のコード例によるカバレッジ結果の一部です。

サブシステム カバレッジ レポート

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで [カバレッジ解析を有効にする] が選択されている場合、[サブシステムの選択] をクリックすると、モデルで選択したサブシステムのカバレッジのみを表示させることができます。最上位モデルのモデル カバレッジ レポートは作成されますが、このレポートにはそのサブシステムのカバレッジ結果しか表示されません。

ただし、最上位モデルが外部ファイルを呼び出す場合、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで [MATLAB ファイル] を選択すると、下記から呼び出されるすべての外部ファイルのカバレッジが結果に含まれます。

  • カバレッジの記録対象となっているサブシステム

  • そのサブシステムが含まれる最上位モデル

サブシステム パラメーター [読み取り/書き込みアクセス許可][NoReadOrWrite] に設定されている場合、そのサブシステムのカバレッジは記録されません。

たとえば、fuelsys モデルで [サブシステムの選択] をクリックして、feedforward_fuel_rate サブシステムのカバレッジを選択します。

このレポートはモデル カバレッジ レポートと類似していますが、このレポートには feedforward_fuel_rate サブシステムとその内容に関する結果しか表示されません。

コード カバレッジ レポート

モデル カバレッジ レポートで各 S-Function ブロックは、ブロック内の C/C++ コードの詳細なコード カバレッジ レポートにリンクされます。レポート内の移動方法の詳細については、S-Function ブロック内のカスタム C/C++ コードのカバレッジ結果の参照を参照してください。

Embedded Coder® がインストールされている場合、SIL モードまたは PIL モードのモデルからコード カバレッジ レポートを生成することもできます。SIL モードまたは PIL モードのモデルのコード カバレッジ レポートを生成する方法の詳細については、ソフトウェアインザループ (SIL) モードおよびプロセッサインザループ (PIL) モードのモデルのコード カバレッジを参照してください。