Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

cvhtml

モデル カバレッジ オブジェクトから HTML レポートを出力

説明

cvhtml(file,cvdo) は、シミュレーションでモデル カバレッジを実行したときに、cvdata または cv.cvdatagroup オブジェクト cvdo からカバレッジ結果の HTML レポートを作成します。cvhtml は、カバレッジ結果を file に保存します。cvhtml を使用してカバレッジ レポートを生成する際は、そのモデルが開いている必要があります。

cvhtml(file,cvdo1,...,cvdoN) は、複数の cvdata オブジェクトを組み合わせたレポートを作成します。各オブジェクトからの結果は、HTML レポートの個別の列に表示されます。各 cvdata オブジェクトは、同一のルート モデルまたはサブシステムに対応する必要があります。そうでない場合、関数は失敗します。

cvhtml(file,cvdo1,...,cvdoN,options) は、options によって指定されたレポート オプションを使用して、複数の cvdata オブジェクトを組み合わせたレポートを作成します。

cvhtml(file,cvdo,simMode) は、シミュレーション モードが simMode であるモデルの HTML レポートを作成します。

すべて折りたたむ

既定の MATLAB® フォルダーへの書き込み権限があることを確認してください。slvnvdemo_cv_small_controller モードの累積カバレッジ レポートを作成して、それを ratelim_coverage.html として保存します。

model = 'slvnvdemo_cv_small_controller'; 
open_system(model);
cvt = cvtest(model);
cvd = cvsim(cvt); 
outfile = 'ratelim_coverage.html';
cvhtml(outfile, cvd);

入力引数

すべて折りたたむ

カバレッジ データ。cvdata オブジェクトまたは cv.cvdatagroup オブジェクトとして指定します。

HTML ファイル名。文字配列または string 配列として指定します。cvhtml がレポートを保存する場所の絶対パスまたは相対パスと、HTML ファイルを指定できます。

レポート オプション。文字配列または string 配列として指定します。

  • オプションを有効にするには、これを 1 に設定します (例: '-hTR=1')。

  • オプションを無効にするには、これを 0 に設定します (例: '-bRG=0')。

  • 複数のレポート オプションを指定するには、各オプションをコンマまたはスペースで区切った 1 つの options 文字ベクトルまたは string でリストします (例: '-hTR=1 -bRG=0 -scm=0')。

オプション説明既定

-sRT

レポートを表示する

on

-sVT

Web ビュー モード

off

-aTS

各テストをモデル概要に含める

on

-bRG

棒グラフをモデル概要に出力する

on

-bTC

二色の棒グラフ (赤色、青色) を使用する

on

-hTR

ヒット/カウント数の割合をモデル概要に表示する

off

-xEM

実行メトリクスの詳細をレポートから除外する

off

-nFC

完全にカバーされているモデル オブジェクトをレポートから除外する

off

-nFD

完全にカバーされているモデル オブジェクトの詳細をレポートから除外する

on

-scm

循環的複雑度の数値を概要に含める

on

-bcm

循環的複雑度の数値をブロックの詳細に含める

on

-xEv

Stateflow® のイベントをレポートからフィルターする

off

シミュレーション モード。文字配列または string 配列として指定します。有効な値には、以下が含まれます。

オブジェクトの指定説明

'Normal'

ノーマル シミュレーション モードのモデル。

'SIL' (or 'PIL')

ソフトウェアインザループ (SIL) またはプロセッサインザループ (PIL) シミュレーション モードのモデル。

'ModelRefSIL' (or 'ModelRefPIL')

ソフトウェアインザループ (SIL) またはプロセッサインザループ (PIL) シミュレーション モードのモデル参照。

'ModelRefTopSIL' (or 'ModelRefTopPIL')

コード インターフェイスが最上位モデルに設定された、ソフトウェアインザループ (SIL) またはプロセッサインザループ (PIL) シミュレーション モードのモデル参照。

代替方法

カバレッジ設定を使用して、モデル カバレッジ レポートを HTML ファイルに作成します。

  1. モデル カバレッジ レポートを作成するモデルを開きます。

  2. Simulink® エディターの [モデル化] タブで [モデル設定] を選択します。

  3. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで、[カバレッジ解析を有効にする] を選択します。

  4. [OK] をクリックして、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを閉じて、変更を保存します。

  5. [実行] ボタンをクリックし、モデルをシミュレートして、生成されたレポートを確認します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入