最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

同定に使用する入力/出力データ

データの準備

PID の調整のためのプラント モデルの同定には、単入力、単出力のデータセットが必要です。

測定されたデータがある場合は、データ インポート ダイアログを使用して同定データを取り込みます。同定データの一般的なソースとしては、バンプ テストや衝撃試験などの過渡試験があります。このようなデータ用に、PID 調整器には専用のダイアログがありますが、出力信号に対してのみデータを指定する必要があり、入力は形状によって特徴付けます。例については、測定またはシミュレーションで得られた応答データから対話的にプラントを推定を参照してください。

Simulink® モデルのシミュレーションによって入出力データを取得する場合は、PID 調整器のインターフェイスを使用して応答の生成に使用される入力スティミュラスの形状を指定できます。例については、Simulink Control Design™ の例「シミュレートされた I/O データを使用した PID コントローラーの設計」を参照してください。

データの前処理

PID 調整器では、インポートあるいはシミュレートされたデータを前処理することができます。PID 調整器には、データのトレンド除去、スケーリングおよびフィルター処理のためのさまざまなオプションがあります。

入力信号と出力信号から平衡関連の信号オフセットを削除してから推定に進むことを強く推奨します。データのフィルター処理を実行して、対象となる周波数帯域の信号成分に焦点を絞ることもできます。

データ処理操作の中にはデータの性質を変化させるものもあり、結果として過渡特性データ (ステップ、インパルスまたはパルスの各応答) が生じる場合があります。このデータは、任意の入力/出力データとして扱われます。この場合、同定プロットにはモデルの時定数および減衰係数を調整するためのマーカーが表示されません。

データ前処理の手順を含む例については、測定またはシミュレーションで得られた応答データから対話的にプラントを推定を参照してください。

データ前処理オプションについての詳細は、データの前処理を参照してください。