Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

convertToVariant

クラス: Simulink.VariantManager
パッケージ: Simulink

Subsystem、Model ブロック、Variant Model ブロックを Variant Subsystem ブロックに変換

構文

variant_subsystem = Simulink.VariantManager.convertToVariant(block)
variant_subsystem = Simulink.VariantManager.convertToVariant(blockHandle)

説明

variant_subsystem = Simulink.VariantManager.convertToVariant(block) または variant_subsystem = Simulink.VariantManager.convertToVariant(blockHandle) は、SubsystemModel ブロック、または Variant Model ブロックを、Variant Subsystem ブロックに変換します。Variant Subsystem には Subsystem、Model ブロック、またはその両方を選択肢として含めることができます。

このモデルについて Subsystem ブロックを使用して考えます。

この Subsystem ブロックは convertToVariant メソッドを使用して Variant Subsystem ブロックに変換できます。

同様に、Variant Model ブロックを Variant Subsystem に変換できます。

Variant Model ブロックを Variant Subsystem ブロックに変換するには、アップグレード アドバイザーのチェック [Variant Model ブロックを特定し、Model ブロックの選択肢を含む Variant Subsystem に変換] を使用することもできます。このチェックにより、Variant Model ブロックを Variant Subsystem ブロックに変換する [修正] ボタンが提供されます。アップグレード アドバイザー チェックを使用して Variant Model ブロックを Variant Subsystem ブロックに変換する方法の詳細については、アップグレード アドバイザーのチェックを参照してください。

Variant Model ブロックで参照されるモデル内の端子名または端子番号に矛盾がある場合、Simulink®Variant Model ブロックを Variant Subsystem ブロックに変換する際にこれらの矛盾を修正します。

このモデルについて、異なる端子名をもつ Variant Model ブロックを使用して考えます。

この Variant Model ブロックを Variant Subsystem ブロックに変換すると、矛盾は自動的に修正されます。

メモ

将来のリリースでは、Model ブロックを使用してモデル バリアントを含めることはできなくなります。convertToVariant メソッドを使用してモデル バリアントを変換し、Model ブロックを Variant Subsystem に含めることができます。Variant Subsystem ブロックを使用すると、次のようなメリットがあります。

  • Model ブロックと Subsystem ブロックをバリアントの選択として混在させることができる

  • 柔軟な I/O をサポートし、すべてのバリアントで入力端子と出力端子を同じ数にする必要がない

Variant Subsystem ブロックをバリアント モデルのコンテナーとして使用するモデルの例については、モデル参照のバリアントを参照してください。

制限

以下の条件と一致する Subsystem ブロックは変換できません。

  • Subsystem ブロックは、[編集モード] が [制限] に設定されている Simscape™ モデル内にある。

  • Variant Model ブロックに制御端子の組み合わせがある (制御端子タイプに名前の不一致がある)。

  • Variant Model ブロックに異なる端子番号と端子名のマッピングをもつ制御端子がある。

入力引数

すべて展開する

Variant Subsystem ブロックに変換する Subsystem ブロックまたは Model ブロックのパスまたはブロック ハンドル。ブロックのパスを文字ベクトル、ブロック ハンドルをスカラーとして指定します。

出力引数

すべて展開する

出力引数を指定すると、メソッドでは変換によって作成された Variant Subsystem ブロック ハンドルが返されます。

open_system('sldemo_mdlref_conversion');
   Simulink.VariantManager.convertToVariant('sldemo_mdlref_conversion/Bus Counter');

代替機能

Simulink エディター

Simulink エディターで、Model ブロックを右クリックし、[サブシステムとモデル参照][変換][Variant Subsystem] を選択します。

R2017b で導入