Main Content

runCheck

現在選択されたチェックを実行

説明

success = runCheck(ma,checkID) メソッドは選択されたモデル アドバイザー チェックを実行します。このメソッドの呼び出しは、モデル アドバイザーの [チェックの実行] ボタンを選択することと同じです。

Simulink® Check™ のライセンスがある場合は、関数 Simulink.ModelAdvisor runCheck または関数 runTask ではなく、関数 ModelAdvisor.run (Simulink Check) または Advisor.Application (Simulink Check) run (Simulink Check) メソッドを使用することを検討してください。

サブシステムとモデル参照をもつ大規模なモデルがある場合は、Advisor.Application クラスを使用することを検討してください。Advisor.Application はライブラリ モデルのチェックを実行しません。モデル参照階層内にない複数の独立したモデルでチェックを実行する場合、または並列処理を利用する場合は、ModelAdvisor.run を使用してモデルでモデル アドバイザー チェックを実行します。

入力引数

すべて折りたたむ

モデル アドバイザーを実行する Simulink.ModelAdvisor オブジェクト。

モデル アドバイザーを現在選択しているモデル アドバイザー チェックのサブセットで実行する場合は、このオプションの入力パラメーターを指定します。

例: 'mathworks.design.UnconnectedLinesPorts'

出力引数

すべて折りたたむ

選択したチェックでモデル アドバイザーが実行されたかどうかを示す Boolean 値。値 1 は選択したチェックでモデル アドバイザーが正常に実行されたことを示します。値 0 は選択したチェックでモデル アドバイザーが実行されなかったことを示します。

バージョン履歴

R2006a で導入