Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.MDLInfo

ファイルを読み込まずに SLX ファイルまたは MDL ファイルの情報を抽出

説明

Simulink.MDLInfo オブジェクトは、メモリに読み込むことなく SLX ファイルまたは MDL ファイルから情報を抽出します。

MDLInfo オブジェクトを作成せずにファイルから説明とメタデータを抽出するには、それぞれ関数 Simulink.MDLInfo.getDescription と関数 Simulink.MDLInfo.getMetadata を使用します。

作成

説明

info = Simulink.MDLInfo(file)info という MDLInfo オブジェクトを作成し、指定されたモデル ファイルから取得した情報をプロパティに入力します。

入力引数

すべて展開する

SLX ファイルまたは MDL ファイルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

ファイル名には部分パス、絶対パス、相対パスを含めることも、パスを含めないこともできます。パスを指定しない場合、ファイルの拡張子はオプションです。

名前を共有する優先順位が低いファイルによって予期しない結果が発生するのを避けるために、完全修飾ファイル名を指定します。

例: Simulink.MDLInfo('vdp')

例: Simulink.MDLInfo('mymodel.slx')

例: Simulink.MDLInfo('mydir/mymodel.slx')

例: Simulink.MDLInfo('C:/mydir/mymodel.slx')

データ型: char | string

プロパティ

すべて展開する

ファイル名と内容

このプロパティは読み取り専用です。

ブロック線図の名前。文字ベクトルとして返されます。

ブロック線図の名前は SLX ファイルまたは MDL ファイルの名前と一致しますが、拡張子はありません。

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

SLX ファイルまたは MDL ファイルのタイプ。文字ベクトルとして返されます。

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

完全修飾 SLX ファイルまたは MDL ファイルの名前。文字ベクトルとして返されます。

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

入力、出力、参照の説明。構造体として返されます。

構造体には、最上位レベルの端子の名前と属性、モデル参照、およびサブシステム参照が含まれます。

データ型: struct

このプロパティは読み取り専用です。

true または false の結果。データ型 logical1 または 0 として返されます。

  • 1 (true) — SLX ファイルまたは MDL ファイルはライブラリです。

  • 0 (false) — SLX ファイルまたは MDL ファイルはライブラリではありません。

データ型: logical

ユーザー指定の情報

このプロパティは読み取り専用です。

SLX ファイルまたは MDL ファイルに関するユーザー指定の説明。文字ベクトルとして返されます。

ヒント

  • モデルの読み込みまたは MDLInfo オブジェクトの作成を行わずに説明を抽出するには、関数 Simulink.MDLInfo.getDescription を使用します。

  • モデルの読み込みまたは MDLInfo オブジェクトの作成を行わずに説明を表示するには、MATLAB® コマンド ウィンドウで以下のように入力します。

    help 'mymodelname'

  • 開いているモデルの説明を表示するには、[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [説明] タブを開きます。

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

SLX ファイルまたは MDL ファイルに関連付けられた任意のデータの名前と値。構造体として返されます。

構造体フィールドは、文字ベクトル、double 型の数値行列、または構造体です。

ヒント

モデルの読み込みまたは MDLInfo オブジェクトの作成を行わずにメタデータ構造体を抽出するには、関数 Simulink.MDLInfo.getMetadata を使用します。

データ型: struct

情報の保存

このプロパティは読み取り専用です。

SLX ファイルまたは MDL ファイルの保存に使用されたリリース アップデート。正の整数として返されます。

  • 0 — ファイルは正式リリース (たとえば 'R2020a') で保存されたか、あるいは R2020a より前のリリースで保存されました。

  • 正の整数 — ファイルは更新リリースに保存されました。たとえば、モデルが 'R2020a Update 2' に保存された場合は 2 になります。

データ型: int32

このプロパティは読み取り専用です。

SLX ファイルまたは MDL ファイルを最後に保存したユーザーの名前。文字ベクトルとして返されます。

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

SLX ファイルまたは MDL ファイルの保存に使用されたプラットフォーム。文字ベクトルとして返されます。

例: 'glnxa64'

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

SLX ファイルまたは MDL ファイルのバージョン番号。文字ベクトルとして返されます。

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

SLX ファイルまたは MDL ファイルの保存に使用された MATLAB リリース。文字ベクトルとして返されます。

例: 'R2020a'

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

SLX ファイルまたは MDL ファイルが保存されたときの文字エンコード。文字ベクトルとして返されます。

例: 'UTF-8'

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

SLX ファイルまたは MDL ファイルの保存に使用された Simulink バージョン番号。文字ベクトルとして返されます。

例: '10.1'

データ型: char

すべて折りたたむ

vdp.slx ファイルに対応する Simulink.MDLInfo オブジェクトを作成します。

info = Simulink.MDLInfo('vdp.slx');

ドット表記を使用してプロパティ値にアクセスすることで、SLX ファイルに関する情報 (ファイルのタイプなど) を取得します。

type = info.BlockDiagramType
type =

    'Model'

vdp はモデル ファイルです。

sldemo_mdlref_depgraph モデルに関する情報を取得します。

info = Simulink.MDLInfo('sldemo_mdlref_depgraph');

インターフェイス情報を取得します。

info.Interface
ans = 

  struct with fields:

                       Inports: [0×1 struct]
                      Outports: [0×1 struct]
                     Trigports: [0×1 struct]
                   Enableports: [0×1 struct]
                  ModelVersion: '1.84'
           SubsystemReferences: {0×1 cell}
               ModelReferences: {4×1 cell}
        ParameterArgumentNames: ''
            TestPointedSignals: [0×1 struct]
             ProvidedFunctions: [0×1 struct]
         IsExportFunctionModel: 0
           IsArchitectureModel: 0
    IsAUTOSARArchitectureModel: 0
                   ResetEvents: [0×1 struct]
            HasInitializeEvent: 0
             HasTerminateEvent: 0
    PreCompExecutionDomainType: 'Unset'
            ParameterArguments: [0×1 struct]
         ExternalFileReference: [4×1 struct]

参照モデルを取得します。

info.Interface.ModelReferences
ans =

  4×1 cell array

    {'sldemo_mdlref_depgraph/heat2cost|sldemo_mdlref_heat2cost'      }
    {'sldemo_mdlref_depgraph/house|sldemo_mdlref_house'              }
    {'sldemo_mdlref_depgraph/outdoor temp|sldemo_mdlref_outdoor_temp'}
    {'sldemo_mdlref_depgraph/thermostat|sldemo_mdlref_heater'        }

メタデータ情報を含む構造体を作成します。

m.TestStatus = 'untested';
m.ExpectedCompletionDate = '01/01/2011';

モデルを作成し、'Metadata' パラメーターを更新して、モデルにメタデータを保存します。

new_system('MDLInfoMetadataModel')
set_param('MDLInfoMetadataModel','Metadata',m)
save_system('MDLInfoMetadataModel')

MDLInfo オブジェクトを使用して、メタデータのモデルをチェックします。

info = Simulink.MDLInfo('MDLInfoMetadataModel');
info.Metadata
ans = 

  struct with fields:

                TestStatus: 'untested'
    ExpectedCompletionDate: '01/01/2011'
R2009b で導入