Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.ID.hilite

ブロック、注釈、または Stateflow オブジェクトを強調表示する

Simulink.ID.hilite は推奨されません。代わりに hilite_system を使用してください。

説明

Simulink.ID.hilite(simulinkID) は、Simulink 識別子 simulinkID をもつブロック、注釈、または Stateflow オブジェクトを強調表示します。

Simulink.ID.hilite(simulinkID,style) は、指定された強調表示スタイルを使用します。

すべて折りたたむ

モデル vdp を開きます。

vdp

Mu ブロックの Simulink 識別子を取得します。

muSID = Simulink.ID.getSID('vdp/Mu')

Mu ブロックを強調表示します。

Simulink.ID.hilite(muSID)

モデル vdp を開きます。

vdp

Mu ブロックの Simulink 識別子を取得します。

muSID = Simulink.ID.getSID('vdp/Mu')

'fade' スタイルを使用して Mu ブロックを強調表示します。

Simulink.ID.hilite(muSID,'fade')

入力引数

すべて折りたたむ

ブロック、注釈、または Stateflow オブジェクトの Simulink 識別子。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: 'vdp:4'

強調表示スタイル。次の値のいずれかとして指定します。任意のスタイルの外観をカスタマイズできます。強調表示スタイルのカスタマイズを参照してください。

  • 'default' — 既定のカラースキーマ: 赤の外枠、黄の塗りつぶし。

  • 'none' — 強調表示をクリア。

    すべての強調表示をクリアするには、Simulink® エディターで [情報表示][強調表示の削除] を選択します。

  • 'debug' — 既定のカラー スキームを使用。

  • 'different' — 赤の外枠、白の塗りつぶしを適用。

  • 'error' — 既定のカラー スキームを使用。

  • 'fade' — グレーの外枠、白の塗りつぶしを適用。

  • 'find' — 濃い青の外枠、青の塗りつぶしを適用。

  • 'lineTrace' — 赤の外枠、青の塗りつぶしを適用。

  • 'unique' — 濃い青の外枠、白の塗りつぶし。

  • 'user1''user2''user3''user4''user5' — カスタムの強調表示を適用: 既定では黒の外枠、白の塗りつぶし (つまり、強調表示なし)。

これらに加えて、以下のカラー スキームを使用できます。最初のワードは外枠、2 番目のワードは塗りつぶしのカラーです。

  • 'orangeWhite'

  • 'blackWhite'

  • 'redWhite'

  • 'blueWhite'

  • 'greenWhite'

R2009b で導入