ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

setValue

クラス: Simulink.data.dictionary.Entry
パッケージ: Simulink.data.dictionary

データ ディクショナリ エントリの値を設定

構文

setValue(entryObj,newValue)

説明

setValue(entryObj,newValue) は、データ ディクショナリ エントリ entryObj (Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクト) に値 newValue を代入します。

ブロック パラメーター値をスイープする目的でプログラムにより変数にアクセスするには、データ ディクショナリのプログラム インターフェイス経由で変数を変更する代わりに、Simulink.SimulationInput オブジェクトの使用を検討します。ブロック パラメーター値の最適化、推定およびスイープを参照してください。

入力引数

すべて展開する

ターゲットのデータ ディクショナリ エントリ。Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクトとして指定します。この関数を使用する前に、関数 getEntry などを使用してターゲットのエントリを Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクトで表しておきます。

データ ディクショナリ エントリに代入する値。MATLAB 式として指定します。エントリが含まれるデータ ディクショナリ セクションでサポートされる値を返す式でなければなりません。

例: 27.5

例: myBaseWorkspaceVariable

例: Simulink.Parameter

すべて展開する

データ ディクショナリ エントリ fuelFlowfuelFlowObj という名前の Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクトで表します。fuelFlow はデータ ディクショナリ myDictionary_ex_API.sldd で定義されています。

myDictionaryObj = Simulink.data.dictionary.open('myDictionary_ex_API.sldd');
dDataSectObj = getSection(myDictionaryObj,'Design Data');
fuelFlowObj = getEntry(dDataSectObj,'fuelFlow');

エントリ fuelFlow の値を 493 に設定します。fuelFlowObjValue プロパティを表示して変更を確認します。

setValue(fuelFlowObj,493)
fuelFlowObj
fuelFlowObj = 

  Entry with properties:

              Name: 'fuelFlow'
             Value: 493
        DataSource: 'myDictionary_ex_API.sldd'
      LastModified: '2014-Sep-05 13:37:22.161124'
    LastModifiedBy: 'jsmith'
            Status: 'Modified'

代替方法

モデル エクスプローラーのウィンドウを使用して、データ ディクショナリ エントリの値を表示して変更することができます。

R2015a で導入