最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Quantizer

与えられた区間で入力を離散化

  • ライブラリ:
  • Simulink / Discontinuities

説明

Quantizer ブロックは、量子化アルゴリズムを使用して入力信号を離散化します。ブロックは最近傍への丸めメソッドを使用して、信号の値を [量子化間隔] で定義される出力での量子化された値にマッピングします。滑らかな入力信号は、量子化の後では階段状の形状になることがあります。

この方程式は最近傍への丸めメソッドを数学的に説明しています。

y = q * round(u/q) 

ここで y は量子化された出力、u は入力、q[量子化間隔] です。

端子

入力

すべて展開する

量子化アルゴリズムへの入力信号。

データ型: single | double
複素数のサポート: あり

出力

すべて展開する

最近傍への丸めのアプローチによって量子化された、離散値で構成された出力信号。

y = q * round(u/q) 

ここで y は出力、u は入力、q[量子化間隔] です。

データ型: single | double

パラメーター

すべて展開する

アルゴリズムで使用する量子化間隔を指定します。Quantizer ブロック出力の量子化レベルは [量子化間隔] の整数倍です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: QuantizationInterval
: 文字ベクトル
: 任意の実数または複素数値
既定の設定: '0.5'

Simulink® の線形化コマンドは、このブロックを状態空間のゲインとして扱います。コマンドでゲインを 1 として扱うようにするには、このチェック ボックスをオンにします。ゲインを 0 として扱うようにするには、ボックスをオフにします。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: LinearizeAsGain
: 文字ベクトル
: 'off' | 'on'
既定の設定: 'on'

サンプル時間を -1 以外の値で指定します。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

依存関係

このパラメーターは、明示的に -1 以外の値に設定されていない限り表示されません。詳細は、サンプル時間が推奨されないブロックを参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
型: 文字ベクトル
値: スカラーまたはベクトル
既定の設定: '-1'

ブロックの特性

データ型

double | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入