Main Content

モデル参照の関数呼び出し

この例では、関数呼び出しトリガー端子を介して明示的にトリガーされる Model ブロックの使用方法を示します。

モデル例の確認

モデル例を開きます。

このモデルには、500ms Counter、1 sec Counter および Asynchronous Counter という 3 つの Model ブロックが含まれています。これらのブロックは、同じモデル (sldemo_mdlref_fcncall_cntr) を参照します。この Model ブロックは、関数呼び出しトリガー端子を介して明示的にトリガーされるたびに出力値を 1 ずつ増加させる飽和カウンターを表します。Stateflow® チャートは、各 Model ブロックをそれぞれの指定されたレートで呼び出します。

モデルのシミュレーションと結果の確認

モデルをシミュレーションし、Scope によって表示される結果を調べて、カウンターの動作を確認します。

参考

| | | |

関連するトピック