Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

insertColumn

クラス: Simulink.dialog.parameter.CustomTable
パッケージ: Simulink.dialog.parameter

カスタム テーブルの特定の位置に列を挿入

構文

tableControl.insertColumn(columnIndex[Name,Value])

説明

tableControl.insertColumn(columnIndex[Name,Value]) は、カスタム テーブルの指定したインデックスに、指定したプロパティをもつ列を挿入します。

入力引数

すべて展開する

カスタム テーブルへのハンドル。オブジェクトとして指定します。カスタム テーブルのハンドルを取得するには getDialogControl コマンドを使用できます。詳細については、getDialogControl を参照してください。

たとえば、tableControl = maskObj.getDialogControl(TableName) について考えます。ここで、maskObj はマスク オブジェクトで、TableName はカスタム テーブルの名前です。

データ型: char vector | cell array

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

このパラメーターの値を指定するために使用するコントロールのタイプ。可能な値は edit (既定)、checkbox、popup です。

ポップアップのコントロールまたはプロモート済みパラメーター内で表示されるオプション。このフィールドは cell 配列です。

ユーザーがパラメーター値を設定できるかどうかを指定するオプション。

% Get block mask handle.
maskObj = Simulink.Mask.get(gcb); 

% Get custom table handle.
tableControl = maskObj.getDialogControl('myTable');

% Insert a column at the fifth position.
tableControl.insertColumn(5,'Name', 'HDL Name', 'Type', 'edit'); 

R2019a で導入