Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

image

マスク サブシステムのアイコン上に RGB イメージを表示する

構文

image(a)
image(a, position)
image(a, position, rotation)

説明

image(a) はイメージ a を表示します。ここで、a は m x n x 3 の RGB 値の配列です。必要に応じて、MATLAB® コマンドの imreadind2rgb を使用して、ビットマップ ファイル (たとえば GIF) を読み取ったり、必要な行列形式に変換したりすることができます。

image(a, position) は、指定した位置に次のようにイメージを作成します。

位置説明
[x, y, w, h]イメージの位置 (x, y) とサイズ (w, h)。ただし、位置は、マスクの左下隅の相対位置です。イメージは、指定したサイズに合うようにスケーリングされます。
'center'マスクの中心
'top-left'マスクの左上隅。スケーリングされません。
'bottom-left'マスクの左下隅。スケーリングされません。
'top-right'マスクの右上隅。スケーリングされません。
'bottom-right'マスクの右下隅。スケーリングされません。

image(a, position, rotation) により、アイコンが回転するときに、イメージも回転するか ('on') または静止したままか ('off') を指定できます。既定の設定は 'off' です。

メモ

.cur.hdf4.ico.pcx.ras.xwd.svg (フル バージョン) の形式のイメージは、ブロック マスクのイメージとして使用できません。

要件に応じてさまざまなコマンドを使用してイメージを追加できます。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [アイコンと端子] ペインに、次のコマンドを追加できます。

構文説明
image('icon.jpg')

MATLAB パス内の icon.jpg という JPEG ファイルからアイコン イメージを読み取ります。

[data, map]=image('label.gif');
pic=ind2rgb(data,map);

GIF ファイル label.gif を読み取り、適切な行列形式に変換します。

image(pic)

変換されたラベル イメージを読み取ります。

参考

|

R2006a より前に導入