Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Detect Rise Positive

信号値が厳密に正の値に増加し、前の値が非正であったときに、立ち上がりエッジを検出

  • ライブラリ:
  • Simulink / Logic and Bit Operations

  • Detect Rise Positive block

説明

Detect Rise Positive ブロックは、入力が厳密に正であり、前の値が非正であったかどうかを判定することで、立ち上がりエッジを検出します。

  • 入力信号がゼロより大きく、前の値がゼロ以下であった場合、出力は true (1) です。

  • 入力信号がゼロ以下の場合、または入力が正であり、前の値も正である場合、出力は false (0) です。

このブロックは離散サンプル時間のみをサポートしています。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point

出力

すべて展開する

入力が厳密に正であり、前の値が非正であった場合の立ち上がりエッジを検出する出力信号。出力には、スカラー、ベクトル、または行列を指定できます。

  • 入力信号がゼロより大きく、前の値がゼロ以下であった場合、出力は true (1) です。

  • 入力信号がゼロ以下の場合、または入力が正であり、前の値も正である場合、出力は false (0) です。

データ型: uint8 | Boolean

パラメーター

すべて展開する

boolean 式 U/z > 0 の初期条件を設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: vinit
型: 文字ベクトル
値: スカラー | ベクトル | 行列
既定の設定: '0'

ブロックでサンプルベースかフレームベースのどちらの処理を実行するかを指定します。

  • チャネルとしての列 (フレーム ベース) — 入力の各列を独立したチャネルとして扱います (フレームベースの処理)。

    メモ

    フレームベースの処理には、DSP System Toolbox™ のライセンスが必要になります。

    詳細については、サンプルベースおよびフレームベースの概念 (DSP System Toolbox)を参照してください。

  • チャネルとしての要素 (サンプル ベース) — 入力の各要素を独立したチャネルとして扱います (サンプルベースの処理)。

[入力処理] を使って、ブロックでサンプルベースかフレームベースのどちらの処理を実行するかを指定します。これらの 2 つの処理モードの詳細については、サンプルベースおよびフレームベースの概念 (DSP System Toolbox)を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: InputProcessing
: 文字ベクトル
: 'Columns as channels (frame based)' | 'Elements as channels (sample based)'
既定の設定: 'Elements as channels (sample based)'

出力データ型を boolean または uint8 として指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutDataTypeStr
型: 文字ベクトル
値: 'boolean' | 'uint8'
既定の設定: 'boolean'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point | integer | single

直達

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

バージョン履歴

R2006a より前に導入