Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dependencies.toolboxDependencyAnalysis

ツールボックスの依存関係の検出

構文

names = dependencies.toolboxDependencyAnalysis(files_in)
[names, folders] = dependencies.toolboxDependencyAnalysis(files_in)

説明

names = dependencies.toolboxDependencyAnalysis(files_in) files_in のファイルが要求するツールボックスの名前の cell 配列である names を返します。

[names, folders] = dependencies.toolboxDependencyAnalysis(files_in) は、ツールボックス名に加えてツールボックス フォルダーの cell 配列も返します。

ヒント

プロジェクトでは、依存関係の解析を対話式に実行できます。プロジェクト全体または選択したファイルで必要なツールボックスを検索できます。新しいチーム メンバーがプロジェクトを使用するためにはどの製品が必要か、またはどのファイルが製品の依存関係を生み出しているかを確認できます。必要な製品とツールボックスの特定を参照してください。

入力引数

files_in

MATLAB® パス上の .m ファイル、.mdl ファイルまたは .slx ファイルを含む文字ベクトルの cell 配列。Simulink® モデル名 (拡張子を除く) も使用可能です。

既定値: [ ]

出力引数

names

files_in のファイルによって要求されるツールボックス名の cell 配列。

folders

(オプション) 要求されるツールボックス フォルダーの cell 配列。

次のコードは、モデル vdp で必要とされる検出可能なツールボックスを報告します。

files_in={'vdp'};
names = dependencies.toolboxDependencyAnalysis(files_in)
names = 

    'MATLAB'    'Simulink'    'Simulink Coder'

モデル "および" モデルが依存するファイルの、検出可能なツールボックスの依存関係をすべて検出する手順は以下のとおりです。

  1. モデルで fileDependencyAnalysis を呼び出します。

    以下に例を示します。

    files = dependencies.fileDependencyAnalysis('mymodel')
    files = 
        'C:\Work\foo.m'
        'C:\Work\mymodel.mdl'
    
  2. ステップ 1 の files 出力で toolboxDependencyAnalysis を呼び出します。

    以下に例を示します。

    tbxes = dependencies.toolboxDependencyAnalysis(files)
    tbxes = 
    [1x24 char]    'MATLAB'    'Simulink Coder'    'Simulink'
    

    次のように長い製品名を表示して、tbxes cell 配列を調べるには、次のようにします。

    tbxes{:}
    
    ans =
    Image Processing Toolbox
    
    ans =
    MATLAB
    
    ans =
    Simulink Coder
    
    ans =
    
    Simulink

ヒント

関数 dependencies.toolboxDependencyAnalysis は、files_in にあるファイルのツールボックスの依存関係を検索しますが、これに続く依存関係は解析しませんを参照してください。

コマンド ラインの依存関係の解析では、解析時に既定の解析範囲の設定を使用して、必要なツールボックスを決定します。たとえば、コード生成製品を使用している場合、オプション [コード生成に必要なファイルを検索] が既定の設定でオンになり、Simulink Coder™ は必要な場合に必ず報告されます。インストール済みの製品および解析の範囲の設定が報告されたツールボックス要件にどう影響し得るかについては、マニフェスト ドキュメンテーションの必要なツールボックスを参照してください。

代替方法

プロジェクトでは、プロジェクト全体、または選択したファイルについて、依存関係の解析を対話式に実行し、必要なツールボックスを見つけることができます。必要な製品とツールボックスの特定を参照してください。

プロジェクトに含まれていないモデルについて、マニフェストとレポートを対話式に生成できます。どこで依存関係が発生するかを識別するレポートを作成し、依存関係の解析オプションを制御できます。モデルの依存関係のマニフェストの生成を参照してください。

どの "ファイル" が必要かをプログラムでチェックする方法については、dependencies.fileDependencyAnalysis を参照してください。

R2012a で導入