Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

dependencies.fileDependencyAnalysis

モデル ファイルの依存関係の検出

    説明

    files = dependencies.fileDependencyAnalysis('modelname') は、モデル modelname の参照先となる、すべての既存ファイルの絶対パスを返します。

    また、[files,missing] = dependencies.fileDependencyAnalysis('modelname') は、見つけられない参照ファイル missing も返します。

    [files,missing,depfile] = dependencies.fileDependencyAnalysis('modelname') は、また、ユーザーが手動で追加または除外したファイルの名前を格納した、ユーザーの依存関係 (.smd) ファイルが存在する場合はその絶対パスである depfile も返します。

    また、[files,missing,depfile,manifestfile] = dependencies.fileDependencyAnalysis('modelname','manifestfile') は、manifestfile で指定されたマニフェスト ファイルも作成します。

    すべて折りたたむ

    モデル sldemo_mdlref_depgraph のすべてのファイルの依存関係をプログラムで検索します。

    files = dependencies.fileDependencyAnalysis('sldemo_mdlref_depgraph')
    files = 7x1 cell
        {'/tmp/Bdoc21a_1689909_104113/tp2b76835d/simulink-ex05898741/sldemo_mdlref_F2C.slx'         }
        {'/tmp/Bdoc21a_1689909_104113/tp2b76835d/simulink-ex05898741/sldemo_mdlref_depgraph.slx'    }
        {'/tmp/Bdoc21a_1689909_104113/tp2b76835d/simulink-ex05898741/sldemo_mdlref_heat2cost.slx'   }
        {'/tmp/Bdoc21a_1689909_104113/tp2b76835d/simulink-ex05898741/sldemo_mdlref_heater.slx'      }
        {'/tmp/Bdoc21a_1689909_104113/tp2b76835d/simulink-ex05898741/sldemo_mdlref_house.slx'       }
        {'/tmp/Bdoc21a_1689909_104113/tp2b76835d/simulink-ex05898741/sldemo_mdlref_outdoor_temp.slx'}
        {'/tmp/Bdoc21a_1689909_104113/tp2b76835d/simulink-ex05898741/sldemo_mdlref_thermostat.slx'  }
    
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    モデル、ライブラリ、またはサブシステムの完全な名前またはパス。文字ベクトルまたは string として指定します。

    データ型: char | string

    (オプション) 作成するマニフェスト ファイルの完全な名前またはパス。文字ベクトルまたは string として指定します。関数はユーザーが指定した名前にサフィックス .smf を追加します。

    データ型: char | string

    出力引数

    すべて折りたたむ

    モデルまたはライブラリ modelname の参照先のすべての既存のファイルの絶対パス。文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として返されます。

    見つからないモデルまたはライブラリ modelname の参照先のファイルの絶対パス。文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として返されます。

    ユーザーが手動で追加または除外したファイルの名前を格納した、ユーザーの依存関係 (.smd) ファイルが存在する場合はその絶対パス。文字ベクトルとして返されます。

    新しいマニフェスト (.smf) ファイルの絶対パス。文字ベクトルとして返されます。

    ヒント

    • 依存関係グラフと重要なファイルと製品のリストをまとめたレポートを対話的に生成します。詳細については、モデル依存関係の解析を参照してください。

    • モデルがプロジェクト内にある場合は、代わりに listRequiredFiles を使用します。

    • どのアドオンが必要かをプログラムでチェックする方法については、代わりに dependencies.toolboxDependencyAnalysis を使用してください。

    互換性についての考慮事項

    すべて展開する

    R2020b 以降は非推奨

    R2012a で導入