ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Dead Zone Dynamic

ゼロ出力の動的領域の生成

  • ライブラリ:
  • Simulink / Discontinuities

    HDL Coder / Discontinuities

説明

Dead Zone Dynamic ブロックは、上限および下限を指定する動的入力信号に基づいてゼロ出力の領域を生成します。ブロック出力は、入力 u および入力信号 [up][lo] の値に依存します。

入力出力
u >= lo および u <= upゼロ
u > upuup
u < loulo

Dead Zone Dynamic ブロックはマスク サブシステムであり、パラメーターはありません。

端子

入力

すべて展開する

不感帯アルゴリズムへの入力信号。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

ゼロ出力の領域の下限を与える動的な値。入力が [lo] より小さい場合、出力値は [lo] の値だけシフト ダウンします。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

ゼロ出力の領域の上限を与える動的な値。入力が [up] より大きい場合、出力値は [up] の値だけシフト ダウンします。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

出力

すべて展開する

動的不感帯アルゴリズムを入力信号に適用後の出力信号。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

ブロックの特性

データ型

double | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入