Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bshow

指定されたブロックを表示する

構文

bshow s:b
bshow [modelName] sysIdx:blkIdx
bs s:b

引数

s:b

ブロックのシステム インデックス s、ブロック インデックス b

modelName s:b

参照されているモデルの名前。その後に、システム インデックスが s、ブロック インデックスが b であるブロックが続く。

説明

bshow コマンドは、指定したブロックを含むモデル ウィンドウを開き、ブロックを選択します。

bshow [modelName] (taskIdx)sysIdx:blkIdx は、指定されたタスク taskIdx 内に格納されたリスト インデックス blkIdx をもつシステム sysIdx のブロックを表示します。参照モデルが modelName を使用して指定されていない限り、システムとブロックは最上位のモデルから選択されます。

参考

R2006a より前に導入