Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0753: Stateflow における条件アクションと遷移アクション

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a1/a2

  • JMAAB — a1/a2

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a1

遷移アクションは Stateflow® Chart (Stateflow) で使用しません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

条件アクションのみ使用されています。

例 — 誤

遷移アクションが使用されています。

サブ ID a2

条件アクションと遷移アクションは同じ Stateflow Chart (Stateflow) 内で組み合わせて使用しません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

条件アクションまたは遷移アクションを使用できます (次のブロック線図は、遷移アクションを示しています)。

例 — 誤

条件アクションと遷移アクションの両方を含んでいます。

根拠

サブ ID a1:

  • 条件アクションと混同することがなくなり、可読性が向上します。

サブ ID a2:

  • 条件アクションは、遷移に入ると実行されます。遷移アクションは、次のステートに遷移可能かどうか確認された後に実行されます。ルールに準拠すると、条件アクションと遷移アクション間が混同することがなくなります。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check condition actions and transition actions in Stateflow (Simulink Check)

最終更新

R2020a

参考

R2020a で導入