Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0701: 最初のインデックスで使用可能な数値

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a1/a2

  • JMAAB — a1/a2

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a1

Stateflow® Chart (Stateflow) プロパティ [アクション言語] (Stateflow) が [C] に設定されている場合、Stateflow データ プロパティ [最初のインデックス] (Stateflow)0 に設定します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

[最初のインデックス]01、および 2 の組み合わせに設定されています。

サブ ID a2

Stateflow Chart (Stateflow) プロパティ [アクション言語] (Stateflow) が [C] に設定されている場合、Stateflow データ プロパティ [最初のインデックス] (Stateflow)1 に設定します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

[最初のインデックス]01、および 2 の組み合わせに設定されています。

根拠

サブ ID a1:

  • [最初のインデックス] が統一されている場合、ロジックが分かりやすくなります。

サブ ID a2:

  • [最初のインデックス] が統一されている場合、ロジックが分かりやすくなります。ただし、C 言語は 0 ベースで、インデックスの計算プロセスは 1 ベースであるため、コードの可読性が低下します。これは生成されたコードに反映されます。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check usable number for first index (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入