Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0627: Discrete-Time Integrator ブロックの使用方法

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a

  • JMAAB — a、b

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

Discrete-Time Integrator ブロック パラメーター [飽和の上限] および [飽和の下限] を定義します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

サブ ID b

Discrete-Time Integrator ブロック パラメーター [飽和の上限] および [飽和の下限]Simulink.Parameter として定義されている場合、パラメーター [データ型] は [auto] に設定します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

根拠

サブ ID a:

  • ブロック出力のオーバーフローを回避し、このブロックの出力を使用する他の計算ブロックが、予期しない結果にならないようにします。

サブ ID b:

  • [データ型] が [auto]、[single]、または [double] 以外の値に設定されている場合、シミュレーション エラーが発生します。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check usage of Discrete-Time Integrator block (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入