Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0624: Tapped Delay ブロック/Delay ブロックの使用方法

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — 推奨事項なし

  • JMAAB — a、b

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

前の過去値を保持している場合は、Tapped Delay ブロックを使用して、保持されているすべての値からベクトル信号を作成します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

Tapped Delay ブロックが使用されていません。

サブ ID b

過去値を保持している場合は、Delay ブロックを使用して、最も古い値のみを取得します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

Delay ブロックが使用されていません。

根拠

サブ ID a:

  • Tapped Delay は、過去値を保持する配列で設定され、コードの可読性を改善し、コードの効率も向上します。

サブ ID b:

  • モデルの可読性とコードの効率を改善します。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check for cascaded Unit Delay blocks (Simulink Check)

最終更新

R2020a

参考

R2020a で導入