最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ローカルなカスタム コード設定を使用 (メイン モデルから継承しません)

説明

メイン モデルから一意のカスタム コード設定をライブラリ モデルで使用できるかどうかを指定します。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: オン

オン

メイン モデルから一意のカスタム コード設定をライブラリ モデルで使用できるようにします。

オフ

メイン モデルから一意のカスタム コード設定をライブラリ モデルで使用できません。

依存関係

このパラメーターは、MATLAB Function ブロック、Stateflow® チャート、または Truth Table ブロックを含むライブラリ モデルに対してのみ使用可能です。このパラメーターにアクセスするには、MATLAB Function ブロック エディターで [ツール][シミュレーション ターゲットを開く] を選択します。

コマンド ライン情報

パラメーター: SimUseLocalCustomCode
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策

推奨なし

関連するトピック