最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB 関数の実行時再帰を有効にする

説明

再帰関数を含む MATLAB® コード向けに生成されたコードで再帰関数を許可します。このパラメーターは、MATLAB Function ブロック、Stateflow® チャート、または MATLAB System ブロックに関連付けられた System object の MATLAB コードに適用されます。MISRA® などの一部のコーディング標準では、再帰は許可されません。MISRA C® に準拠するコードを生成する可能性を高めるには、このオプションをオフにします。

カテゴリ: [シミュレーション ターゲット]、[詳細設定パラメーター]

設定

既定の設定: オン

オン

再帰関数を含む MATLAB コードのコード生成の実行時の再帰を有効にします。

オフ

再帰関数を含む MATLAB コードのコード生成の実行時の再帰を無効にします。実行時の再帰が無効になっている場合に、MATLAB コードで実行時の再帰が必要な場合は、コード生成に失敗します。

コマンド ライン情報

パラメーター: EnableRuntimeRecursion
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

関連するトピック