ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

同時実行に対するデータ転送オプション

このタブでは、マルチコア プロセッサをもつターゲット用のモデルを構成するためのデータ転送オプションが表示されます。このタブを有効にするには、モデルのモデル エクスプローラーで [Configuration] を右クリックして [同時実行オプションの表示] を選択します。

データ転送設定の指定

カスタム データ転送設定を有効にします。詳細については、同時実行タスク間でのデータ転送設定の構成を参照してください。

データ転送処理のオプション

データ転送の処理オプションを選択します。詳細については、同時実行タスク間でのデータ転送設定の構成を参照してください。

外挿法 (連続時間信号)

データ転送の外挿法を選択します。詳細については、同時実行タスク間でのデータ転送設定の構成を参照してください。

初期条件

離散信号の場合、このパラメーターでは、データ転送の受信側の初期入力を指定します。これはデータ転送タイプ [Ensure data integrity only][Ensure deterministic transfer (maximum delay)] に適用されます。Simulink® はこの値を Inf または NaN にすることは許可しません。

連続信号の場合、このパラメーターは、データ転送の受信側での初期入力の外挿法で使用されます。これはデータ転送タイプ [Ensure data integrity only][Ensure deterministic transfer (maximum delay)] に適用されます。Simulink はこの値を Inf または NaN にすることは許可しません。

詳細については、同時実行タスク間でのデータ転送設定の構成を参照してください。

関連するトピック