Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

連続的なゼロクロッシング違反

説明

連続的なゼロクロッシングの数が指定された最大値を超えていることが Simulink® ソフトウェアによって検出されたときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: エラー

なし

Simulink ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • 警告 または エラー を選択した場合は、現在のシミュレーション時間、連続的なゼロクロッシングのカウント数、およびゼロクロッシングが検出されたブロックのタイプと名前が報告されます。

  • 詳細については、過度のゼロクロッシングの回避を参照してください。

依存関係

この診断が適用されるのは、可変ステップ ソルバーを使用しており、ゼロクロッシング コントロールが [すべて有効]ローカル設定を利用 のいずれかに設定されている場合だけです。

コマンド ライン情報

パラメーター: MaxConsecutiveZCsMsg
値: 'none' | 'warning'
既定の設定: 'error'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策[警告] または [エラー]

関連するトピック