Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

条件付き入力分岐実行

説明

Switch ブロックと Multiport Switch ブロックがモデルに含まれている場合のモデルの実行を向上させます。

カテゴリ: Simulation Target

設定

既定の設定: オン

オン

制御入力とその制御入力によって選択されたデータ入力を計算するために必要なブロックのみを実行します。この最適化により、モデルから生成されたコードの実行が高速化します。Switch ブロックの最適化には以下の制約があります。

  • -1 (継承) または inf (定数) のサンプル時間をもつブロックのみ参加できる。

  • テスト ポイントのフラグが付いた出力をもつブロックは参加できない。

  • マルチレート ブロックは参加できない。

  • 状態をもつブロックは参加できない。

  • オプション SS_OPTION_CAN_BE_CALLED_CONDITIONALLY が設定された S-Function のみ参加できる。

オフ

各タイム ステップで Switch ブロックの入力端子に影響を与えているすべてのブロックを実行します。

コマンド ライン情報

パラメーター: ConditionallyExecuteInputs
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティオン
効率性オン (実行)、影響なし (ROM、RAM)
安全対策影響なし

関連するトピック