最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コンパイル時の MATLAB 関数の再帰限界値

説明

コンパイル時の再帰では、生成されたコードで許可される関数のコピー数を制御します。このパラメーターは、MATLAB Function ブロック、Stateflow® チャート、または MATLAB System ブロックに関連付けられた System object の MATLAB® コードに適用されます。

カテゴリ: [シミュレーション ターゲット]、[詳細設定パラメーター]

設定

既定の設定: 50

  • MATLAB コードで再帰を許可しないようにするには、このパラメーターを 0 に設定します。

  • コンパイル時の再帰限界値の既定値は、コンパイル時の再帰を必要とするほとんどの再帰関数に対して十分な値です。再帰限界値が原因でコード生成に失敗する場合で、コンパイル時の再帰が必要なときは、限界値を高くします。あるいは、コード ジェネレーターが実行時の再帰を使用するように、MATLAB コードを変更できます。

コマンド ライン情報

パラメーター: CompileTimeRecursionLimit
タイプ: 整数
値: 有効な値
既定の設定: 50

関連するトピック