Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

代数ループ

説明

モデルのコンパイル中に Simulink® ソフトウェアによって代数ループが検出された場合に行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink ソフトウェアによって代数ループが検出されると、診断ループの解決が試みられます。代数ループの解を求めることができない場合は、エラーが報告され、シミュレーションは終了します。

警告

Simulink ソフトウェアによって代数ループが検出されると、警告が表示され、代数ループの解決が試みられます。代数ループの解を求めることができない場合は、エラーが報告され、シミュレーションは終了します。

エラー

Simulink ソフトウェアによって代数ループが検出されると、シミュレーションが終了してエラー メッセージが表示され、ブロック線図内のループを構成する部分が強調表示されます。

ヒント

  • 代数ループは、直達をもつ入力端子が同じブロックの出力と直接接続されるか、または直達をもつ別のブロックを通るフィードバック経路を通じて接続される場合に発生します。例として、次の簡単なスカラー ループがあります。

  • モデルに代数ループが含まれる場合は、Simulink ソフトウェアによって各タイム ステップごとにループ解法ルーチンが呼び出されます。ループ ソルバーは反復回数実行して (可能であれば) 問題に対する解を求めます。その結果、代数ループをもつモデルは、それらをもたないモデルよりも実行が遅くなります。

  • モデルのシミュレーション中に代数ループを強調表示するには、エラー オプションを使用してください。これにより、エラー ダイアログ (診断ビューアー) が表示され、Simulink によって検出された最初の代数ループを表すブロック線図内の部分の色が変更されます。Simulink ソフトウェアによってループを構成するブロックと線は赤で表示されます。エラー ダイアログを閉じるとブロック線図は元の色に戻ります。

  • 詳細については、代数ループの概念を参照してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: AlgebraicLoopMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグエラー
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック