Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

アルゴリズム設計の基礎

コード生成のためのアルゴリズム設計の考慮事項、生成されたコードの動作

関数

coder.allowpcode保護された MATLAB ファイルからのコード生成の制御
coder.ceval外部 C/C++ 関数の呼び出し
coder.cinclude生成コードにヘッダー ファイルをインクルードする
coder.cstructname生成されたコードでの C 構造体に名前を付ける
coder.extrinsic外部として関数を宣言し MATLAB で実行
coder.inline生成されたコードで特定の関数のインライン化を制御
coder.loadMAT ファイルまたは ASCII ファイルから、呼び出し側ワークスペースにコンパイル時の定数を読み込む
coder.nullcopyコード生成での初期化されていない変数の宣言
coder.opaque生成コード内の変数の宣言
coder.ref参照渡しするデータを示す
coder.screener関数がコード生成に適しているかどうか判別
coder.rref参照渡しする読み取り専用データを示す
coder.targetコード生成ターゲットが指定されたターゲットかどうかを判別
coder.unroll各ループ反復でループ本体のコピーを作成することで、for ループを展開
coder.varsize可変サイズのデータの宣言
coder.wref参照渡しする書き込み専用データを示す
coder.updateBuildInfoビルド情報オブジェクト RTW.BuildInfo の更新

クラス

coder.ExternalDependency外部コードへのインターフェイス
coder.BuildConfigコード生成時のビルド コンテキスト

例および操作のヒント

概念

トラブルシューティング

coder.ceval の出力タイプが不明

外部 C/C++ 関数呼び出しの出力タイプを定義する。