ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

coder.rref

参照渡しする読み取り専用データを示す

説明

coder.rref(arg) は、arg が外部 C/C++ 関数に参照渡しする読み取り専用の式または変数であることを示します。coder.rrefcoder.ceval 呼び出し内でのみ使用します。

関数 coder.rref により、コード ジェネレーターで生成コードを最適化できます。外部関数は coder.rref(arg) に書き込まないものと想定されているため、コード ジェネレーターは coder.ceval の呼び出しの前後に発生する arg への代入で式の畳み込みなどの最適化を実行できます。式の畳み込みは、複数の演算を 1 つのステートメントに結合して、一時変数の使用を避け、コードのパフォーマンスを向上させます。

メモ

コード ジェネレーターでは、coder.rref(arg) で渡すメモリが読み取り専用であることを前提にします。予測できない結果を回避するために、C/C++ 関数でこの変数への書き込みを行ってはなりません。

coder.ref および coder.wref も参照してください。

読み取り専用としてのスカラー変数の参照渡し

定数入力に 1 を加算した値を返す C 関数 addone について考えます。

double addone(const double* p) {
  return *p + 1;
}

C 関数は入力変数 p を定数 double へのポインターとして定義します。

入力を addone へ参照渡しします。

...
y = 0;
u = 42;
y = coder.ceval('addone', coder.rref(u));
...

読み取り専用としての複数の引数の参照渡し

...
u = 1;
v = 2; 
y = coder.ceval('my_fcn', coder.rref(u), coder.rref(v));
...

読み取り専用としてのクラス プロパティの参照渡し

...
x = myClass;
x.prop = 1;
y = coder.ceval('foo', coder.rref(x.prop));
...

読み取り専用としての構造体の参照渡し

構造体型が C ヘッダー ファイルで定義されることを示すには、coder.cstructname を使用します。

C 関数 use_struct があるとします。この関数は入力引数から読み取りを行いますが、入力引数への書き込みは行いません。

#include "MyStruct.h"

double use_struct(const struct MyStruct *my_struct)
{
  return my_struct->f1 + my_struct->f2;
}

C ヘッダー ファイル MyStruct.hMyStruct という名前の構造体型を定義します。

#ifndef MYSTRUCT
#define MYSTRUCT

typedef struct MyStruct
{
    double f1;
    double f2;
} MyStruct;

double use_struct(const struct MyStruct *my_struct);

#endif

MATLAB® 関数で、構造体を読み取り専用の参照として use_struct に渡します。s の構造体型に C ヘッダー ファイル MyStruct.h で定義された名前 MyStruct が付いていることを示すには、coder.cstructname を使用します。

function y = foo
%#codegen
y = 0;
coder.updateBuildInfo('addSourceFiles','use_struct.c');

s = struct('f1',1,'f2',2);
coder.cstructname(s,'MyStruct','extern','HeaderFile','MyStruct.h');
y = coder.ceval('use_struct', coder.rref(s));

スタンドアロンのライブラリ コードを生成するには、以下を入力します。

codegen -config:lib foo -report

読み取り専用としての構造体フィールドの参照渡し

...
s = struct('s1', struct('a', [0 1]));
y = coder.ceval('foo', coder.rref(s.s1.a));
...

構造体の配列の要素を渡すこともできます。

...
c = repmat(struct('u',magic(2)),1,10);
b = repmat(struct('c',c),3,6);
a = struct('b',b);
coder.ceval('foo', coder.rref(a.b(3,4).c(2).u));
...

入力引数

すべて折りたたむ

外部 C/C++ 関数に参照渡しする引数。引数をクラス、System object™、cell 配列、cell 配列へのインデックスにすることはできません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | struct
複素数のサポート: あり

制限

  • 次のデータ型を参照で渡すことはできません。

    • クラスまたは System object

    • cell 配列または cell 配列へのインデックス

  • プロパティに get メソッド、set メソッド、または検証関数がある場合、またはプロパティが特定の属性をもつ System object プロパティである場合、そのプロパティを外部関数に参照で渡すことはできません。一部のプロパティでサポートされない参照渡しを参照してください。

ヒント

  • arg が配列の場合、coder.rref(arg) は配列の最初の要素のアドレスを提供します。関数 coder.rref(arg) に、配列のサイズに関する情報は含まれません。C 関数がデータの要素数を把握しなければならない場合、その情報を別の引数として渡します。次に例を示します。

    coder.ceval('myFun',coder.rref(arg),int32(numel(arg));
    
  • 外部 C/C++ 関数に構造体を参照渡しする場合、coder.cstructname を使用して C ヘッダー ファイルで定義される C 構造体型の名前を指定します。

  • MATLAB では、coder.rref はエラーになります。MATLAB コードをパラメーター化して MATLAB と生成されたコード内で実行できるようにするには、coder.target を使用します。

  • coder.opaque を使用して、外部 C/C++ 関数との間で受け渡す変数を宣言できます。

R2011a で導入