Main Content

setExtractorParameters

特徴抽出器オブジェクトの既定以外の値の設定

    説明

    setExtractorParameters(sFE,featurename,params) は、featurename の抽出に使用されるパラメーターを指定します。

    setExtractorParameters(sFE,featurename) は、featurename の抽出に使用されるパラメーターを既定値に設定します。

    すべて折りたたむ

    signalFrequencyFeatureExtractor オブジェクトを作成し、N(0,1) 加法性ホワイト ノイズを伴う 100 Hz の正弦波で構成される信号のウェルチ パワー スペクトル密度 (PSD) 推定を抽出します。サンプル レートは 1 kHz で、信号は 5 秒間持続します。

    fs = 1000;
    t = 0:1/fs:5-1/fs;
    x = cos(2*pi*100*t) + randn(size(t));
    
    sFE = signalFrequencyFeatureExtractor(SampleRate=fs,WelchPSD=true);

    PSD 計算の場合は、OverlapLength25 サンプルに設定し、FFTLength512 サンプルに設定します。オブジェクトに対して関数getExtractorParametersを呼び出して PSD パラメーターを表示します。

    setExtractorParameters(sFE,"WelchPSD",OverlapLength=25,FFTLength=1024)
    params = getExtractorParameters(sFE,"WelchPSD")
    params = struct with fields:
              FFTLength: 1024
        FrequencyVector: []
          OverlapLength: 25
                 Window: []
    
    

    関数extractを使用して、信号のウェルチ PSD 推定を抽出します。結果をプロットします。

    feature = extract(sFE,x);
    
    fvec = linspace(0,fs/2,length(feature));
    plot(fvec,pow2db(abs(feature)))
    
    xlabel("Frequency (Hz)")
    ylabel("PSD (dB/Hz)")
    grid

    入力引数

    すべて折りたたむ

    特徴抽出器オブジェクト。signalFrequencyFeatureExtractor オブジェクトとして指定します。

    抽出された特徴。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

    データ型: char | string

    featurename の抽出に使用されるパラメーター。名前と値の引数または構造体として指定します。

    データ型: string | struct

    バージョン履歴

    R2021b で導入