ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

schurrc

自己相関列からの反射係数の計算

構文

k = schurrc(r)
[k,e] = schurrc(r)

説明

k = schurrc(r) では、Schur アルゴリズムを使用して、自己相関列を表すベクトル r から反射係数ベクトル k が計算されます。kr は同じサイズです。反射係数は、与えられた自己相関列 r を使用した信号に対する予測フィルターの、ラティス フィルター パラメーターを表します。r が行列の場合、関数 schurrc では r の各列が独立した自己相関列として扱われ、r と同じサイズの行列k が返されます。k の各列は、対応する自己相関列 r を使用して変動過程を予測するための、ラティス予測フィルターの反射係数を表します。

[k,e] = schurrc(r) では、予測誤差分散を表すスカラー e も計算されます。r が行列の場合、e は行ベクトルになります。e の行数は、r の列数と同じです。

すべて折りたたむ

mtlb.mat に含まれている MATLAB® 音声信号から自己相関列を作成します。このシーケンスのラティス予測フィルターの反射係数を計算するには、Schur アルゴリズムを使用します。

load mtlb
r = xcorr(mtlb(1:5),'unbiased');
k = schurrc(r(5:end))
k = 4×1

   -0.7583
    0.1384
    0.7042
   -0.3699

参考文献

[1] Proakis, John G., and Dimitris G. Manolakis. Digital Signal Processing: Principles, Algorithms, and Applications. 3rd Edition. Upper Saddle River, NJ: Prentice-Hall, 1996, pp. 868–873.

参考

R2006a より前に導入