ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

db2pow

デシベルのパワーへの変換

説明

y = db2pow(ydb)ydb で指定されるデシベル (dB) 値に対応するパワー測定値 y を返します。パワーとデシベルの関係は、ydb = 10 log10(y) です。

すべて折りたたむ

ガウス乱数の 2 x 4 x 2 配列を生成します。デシベル単位で表示された数値を仮定し、対応するパワー測定値を計算します。

r = randn(2,4,2);

pows = db2pow(r)
pows = 
pows(:,:,1) =

    1.1318    0.5944    1.0762    0.9050
    1.5254    1.2196    0.7400    1.0821


pows(:,:,2) =

    2.2795    0.7328    1.1818    1.1789
    1.8921    2.0114    0.9856    0.9539

定義を使用して計算を確認します。

chck = 10.^(r/10)
chck = 
chck(:,:,1) =

    1.1318    0.5944    1.0762    0.9050
    1.5254    1.2196    0.7400    1.0821


chck(:,:,2) =

    2.2795    0.7328    1.1818    1.1789
    1.8921    2.0114    0.9856    0.9539

入力引数

すべて折りたたむ

デシベル単位の入力配列。スカラー、ベクトル、行列または N 次元配列を指定します。ydb が非スカラーの場合、db2pow は要素単位の演算になります。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

パワー測定値。ydb と同じサイズのスカラー、ベクトル、行列または N 次元配列が返されます。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

| | |

R2007b で導入