ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

db

エネルギーまたはパワーの測定値のデシベルへの変換

構文

dboutput = db(x)
dboutput = db(x,SignalType)
dboutput = db(x,R)
dboutput = db(x,'voltage',R)

説明

dboutput = db(x)x の要素をデシベル (dB) に変換します。この構文は x に 1 Ωの抵抗の電圧測定値が含まれると仮定しています。

dboutput = db(x,SignalType) は、x の要素によって表される信号タイプを 'voltage' または 'power' のいずれかに指定します。

dboutput = db(x,R) では、電圧測定値の抵抗 R を指定します。

dboutput = db(x,'voltage',R)db(x,R) と等価です。

すべて折りたたむ

ユニット電圧をデシベルで表します。抵抗は 2 Ωと仮定します。解を定義 と比較します。

V = 1;
R = 2;
dboutput = db(V,2);
compvoltage = [dboutput 10*log10(1/2)]
compvoltage = 1×2

   -3.0103   -3.0103

パワー測定値ベクトルをデシベルに変換します。解を定義の使用結果と比較します。

rng default
X = abs(rand(10,1));
dboutput = db(X,'power');
comppower = [dboutput 10*log10(X)]
comppower = 10×2

   -0.8899   -0.8899
   -0.4297   -0.4297
   -8.9624   -8.9624
   -0.3935   -0.3935
   -1.9904   -1.9904
  -10.1082  -10.1082
   -5.5518   -5.5518
   -2.6211   -2.6211
   -0.1886   -0.1886
   -0.1552   -0.1552

入力引数

すべて折りたたむ

信号測定値。スカラー、ベクトル、行列または N 次元配列で指定します。

データ型: single | double
複素数のサポート: あり

信号測定値のタイプ。'voltage' または 'power' のいずれかに指定します。SignalType'power' を指定した場合、x のすべての要素が非負でなければなりません。

データ型: char

抵抗負荷。正のスカラーとしてΩ単位で指定します。SignalType'power' に指定した場合、この引数は無視されます。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

エネルギーまたはパワーの測定値 (dB)。x と同じ次元の配列として返されます。

  • x に電圧測定値が含まれる場合、dboutput10log10(|x|2/R). となります。

  • 入力 x にパワー測定値が含まれる場合、dboutput10log10x. となります。

R2011b で導入