Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

updateFilePathsAndExtensions

パスやファイル拡張子が欠落しているビルド情報でファイルを更新

説明

updateFilePathsAndExtensions(buildinfo,extensions) は、検索および更新処理に含めるファイル名の拡張子 (ファイル タイプ) を指定します。

関数 updateFilePathsAndExtensions はビルド情報からのパスを使用して、ビルド情報内のファイル参照が、更新されたパスまたはファイル拡張子を必要とするかどうかチェックします。この関数を使用して、以下が行えます。

  • ファイル拡張子の使用が必要なツールチェーンのビルド情報を維持する。

  • 特定のビルド情報のカスタマイズされた複数のインスタンスを更新する。

updateFilePathsAndExtensions を使用する場合は、ビルド情報にファイルを追加した後に呼び出します。この方法により、必要なディスク I/O のパフォーマンスの影響の可能性が最小化されます。

すべて折りたたむ

作業フォルダーでフォルダー パス etcproj/etc を作成し、ファイル etc.ctest1.c および test2.c をフォルダー etc に追加します。この例では作業フォルダーは w:\work\BuildInfo です。作業フォルダーからパスまたはファイル拡張子が欠落しているビルド情報 myBuildInfo を更新します。

myBuildInfo = RTW.BuildInfo;
addSourcePaths(myBuildInfo,fullfile(pwd, ...
   'etcproj','/etc'),'test');
addSourceFiles(myBuildInfo,{'etc' 'test1' ...
   'test2'},'','test');
before = getSourceFiles(myBuildInfo,true,true);
>> before

before = 

    '\etc'    '\test1'    '\test2'
updateFilePathsAndExtensions(myBuildInfo);
after = getSourceFiles(myBuildInfo,true,true);
>> after{:}

ans =

    'w:\work\BuildInfo\etcproj\etc\etc.c'


ans =

    'w:\work\BuildInfo\etcproj\etc\test1.c'


ans =

    'w:\work\BuildInfo\etcproj\etc\test2.c'

入力引数

すべて折りたたむ

引数 extensions は、検索および更新処理に含めるファイル名の拡張子 (ファイル タイプ) を指定します。拡張子を cell 配列に指定した順序に基づいてファイルがチェックされ、パスと拡張子が更新されます。たとえば {'.c' '.cpp'} を指定し、フォルダーに myfile.cmyfile.cpp が含まれている場合は myfile のインスタンスが myfile.c に更新されます。

例: '.c' '.cpp'

R2006a で導入