Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

coder.xcp.a2l.addCoderXCPInfo

Simulink Coder XCP スレーブ構成を記述する IF_DATA XCP ブロックが含まれる ASAP2 ファイルを作成する

説明

coder.xcp.a2l.addCoderXCPInfo は ASAP2 ファイル modelName_CoderXCPSlave.a2l をコード生成フォルダーに作成します。ASAP2 ファイルには、Simulink® Coder™ XCP スレーブ構成を記述する IF_DATA XCP ブロックが含まれています。

この関数は、次のように動作します。

  • rtw.asap2MergeMdlRefs を実行して、参照モデルから生成された ASAP2 ファイルを単一の ASAP2 ファイルにマージする。

  • rtw.asap2SetAddress を実行してプレースホルダーのアドレス文字列を、ExtModeMexArgs で指定されたデバッグ シンボル ファイルから抽出されたアドレスで置き換える。

  • ASAP2 ファイルで、次を作成する。

    • ASAM MCD-1 XCP 通信チャネル用の A2ML ブロック。

    • Simulink Coder XCP スレーブの構成を記述する IF_DATA XCP ブロック。

coder.xcp.a2l.addCoderXCPInfo(buildFolder) は、buildFolder で生成されたコード用の ASAP2 ファイルを作成します。

coder.xcp.a2l.addCoderXCPInfo(myModel) は、myModelSimulink Coder XCP スレーブ情報が含まれる ASAP2 ファイルを作成します。

coder.xcp.a2l.addCoderXCPInfo(buildFolder, Name,Value) は 1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して ASAP2 ファイルを作成します。

XCP およびサードパーティ製のツールを使用したパラメーターの調整と信号の監視

ワークフローの説明については、XCP およびサードパーティ製のツールを使用した生成コードのキャリブレーションと信号の監視を参照してください。

入力引数

すべて折りたたむ

生成されるモデル コードを格納するフォルダー。

XCP エクスターナル モード シミュレーション用に構成されているモデルの名前。

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は一重引用符で囲まなければなりません。名前と値のペアの引数は、Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように任意の順番で複数指定できます。

例: coder.xcp.a2l.addCoderXCPInfo(buildFolder, 'OutputFile', 'myOutputFile')

true の場合、rtw.asap2MergeMdlRefs を実行します。

false の場合、rtw.asap2MergeMdlRefs を実行しません。

true の場合、rtw.asap2SetAddress を実行します。

false の場合、rtw.asap2SetAddress を実行しません。

buildFolder/modelName.a2l の代わりに使用するソース ASAP ファイル。

ASAP2 ファイル名を出力します。

R2019b で導入