Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

XCP およびサードパーティ製のツールを使用した生成コードのキャリブレーションと信号の監視

ASAM MCD-1 XCP 通信チャネルを使用するエクスターナル モードのターゲット アプリケーションを作成する場合、Simulink® Coder™ XCP スレーブ構成を記述する ASAP2 ファイルも生成されます。この記述により、ETAS® INCA および Vector CANape® などのサードパーティ製のキャリブレーション ツールは、エクスターナル モードのターゲット アプリケーションに接続できます。サードパーティ製のツールを使用して、車両、テスト ベンチまたは PC 上の仮想環境などのサードパーティ製ツールによってサポートされる環境で生成コードのキャリブレーションを実行し、信号を監視できます。

メモ

この機能には Embedded Coder ライセンスが必要です。

このワークフローを使用します。

  1.  モデルを構成します。

  2.  ターゲット アプリケーションと ASAP2 ファイルを生成します。

  3. ASAP2 ファイルをサードパーティ製のツールにインポートします。

  4. エクスターナル モードのアプリケーションをターゲット ハードウェアで手動で実行します。

  5. XCP を通してサードパーティ製のツールをターゲット アプリケーションに接続します。

  6. サードパーティ製のツールを使用してデータの収集と生成されたコードのキャリブレーションを実行します。

モデル コンフィギュレーション パラメーター [コード生成のみ] を選択する場合、ビルド プロセスでは ASAP2 ファイルは生成されません。ステップ 3 の前に次を実行します。

  1. 生成されたコードを手動でコンパイルします。

  2. 関数 coder.xcp.a2l.addCoderXCPInfo を使用して ASAP2 ファイル modelName_CoderXCPSlave.a2l を作成します。

既定の設定では、ビルド プロセスは次を行います。

  • rtw.asap2MergeMdlRefs を実行して、参照モデルから生成された ASAP2 ファイルを単一の ASAP2 ファイルにマージする。

  • rtw.asap2SetAddress を実行してプレースホルダーのアドレス文字列を、モデル コンフィギュレーション パラメーター [MEX ファイルの引数] に指定されたデバッグ シンボル ファイルから抽出されたアドレスで置き換えます。

参照モデルからの ASAP2 ファイルのマージやアドレス文字列の置き換えを行わない場合は、次に示すように coder.xcp.a2l.addCoderXCPInfo を実行します。

coder.xcp.a2l.addCoderXCPInfo(buildFolder, 'MergeMdlRefs', false, ...
                              'SetAddress', false);

コード生成で GRT システム ターゲット ファイルを指定する場合は、手動で行います。

参考

関連するトピック